NEW

毎日杯(G3)でキセキは起こるのか!? クラシック出走をかけた最後レースで筆頭候補へ名乗りを上げるのは?

【この記事のキーワード】

, ,

0324kiseki_01.jpg※画像:キセキ 『競馬つらつら』より

 25日(土)にクラシック皐月賞出走を目指す3歳の若駒たちにとって、事実上のラストチャンスとなる毎日杯(G3)が行われる。そのレースで大舞台への挑戦権を勝ち取るべく、復活が期待されている良血馬が1頭。キセキ(牡3歳/栗東・角居厩舎)だ。

 父馬・ルーラーシップ、母馬・ブリッツフィナーレ、母父馬・ディープインパクトという絵に描いたような良血馬のキセキ。もちろんかけられた期待は大きかった。それに応えるかのように2歳新馬戦を3馬身半差で勝利。今後も順調に勝利を積み重ねるかと思われたが、その後セントポーリア賞(500万下)では1番人気に押されるも5着、すみれS(OP)も1番人気と前評判は高かったものの3着に終わり、今一歩勝利にまで届かない走りが続いている。

 素質馬ではあるものの、クラシック戦線へは今一歩届かないキセキ。出走が予定されている毎日杯は、昨年はスマートオーディン、2013年には後のダービー馬であるキズナが勝利し、クラシックへ飛躍を遂げたレースだ。キセキもこのレースでの勝利することができれば、後のクラシック制覇につながる可能性は捨てきれない。

 だが、この毎日杯でクラシック候補へと返り咲きたいのはキセキだけではない。前走のきさらぎ賞(G3)で2着に敗れたサトノアーサー、昨年の札幌2歳S(G3)を制したものの重賞の壁に阻まれているトラスト、またガンサリュートも京成杯(G3)では勝ち馬にクビ差まで迫った実績がある。どの馬もクラシックの第一戦へ復帰するべく虎視眈々と勝利を目指している。

毎日杯(G3)でキセキは起こるのか!? クラシック出走をかけた最後レースで筆頭候補へ名乗りを上げるのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!