NEW

ソウルスターリングはオークスへ! 距離延長で雪辱なるか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソウルスターリングはオークスへ! 距離延長で雪辱なるか?の画像1ソウルスターリング(Ogiyoshisanより)

 9日に行われた桜花賞(G1)は、4戦全勝、単勝1.4倍に推された2歳女王ソウルスターリング(牝3歳、美浦・藤澤和雄厩舎)が3着に敗れ、単勝40.8倍の8番人気レーヌミノルが勝つ波乱の決着となった。

 2010年のアパハネ、12年のジェンティルドンナらに続いて、牝馬三冠すら狙えるといわれた有力馬のまさかの敗退。多くの競馬ファンが予期してない結末を向かえ、ネット上では嘆き節や騎手を責めるかのような批判めいた声すらもあがった。それもすべては期待の高さゆえだった。

 だが、いつまでも敗戦のショックを引きずるわけにもいかない。すでにソウルスターリング陣営は未来を見据えているようだ。同馬の次走は5月21日に開催されるオークス(G1)を予定していると、「スポーツ報知」が伝えている。

 取材を受けた同馬を管理する藤沢和調教師は、体調が良好だったらとしながらも「オークスに行こうと思っている」と次の目標を口にした。また今後は、稍重馬場でのレースを終えた同馬を気づかい「馬が元気だったら、金曜日(14日)前後に牧場へ返そうかと思っている」と説明。休養に出すことを示唆した。

「昨年、桜花賞で1番人気だったメジャーエンブレムは4着に終わった後、2400mと距離が伸びるオークスではなく、NHKマイルC(G1)へ出走しました。ソウルスターリングも、もしかするとこの道を選択するかと思われていましたが、このまま牝馬クラシックの王道を進むようですね。1800m以上の距離を走ったことがない同馬がどのような走りをするのかは未知数ですが、雪辱を晴らすため、世代最強牝馬の称号を取り戻すためにも、次走には相当力を入れてくることが予想されます」(競馬誌ライター)

 ソウルスターリングが頭一つ抜けた実力を秘めているといわれていたものの、伏兵が第1戦を制したため混沌とする今年の3歳牝馬クラシック戦線。世代最強牝馬の称号はどの馬に与えられることになるのだろうか。

ソウルスターリングはオークスへ! 距離延長で雪辱なるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!