NEW

【回避】セントライト記念(G2)セダブリランテスは皐月賞馬アルアインより【上】!?かつて【残念ダービー】と揶揄されたラジオNIKKEI賞組躍進の実情は……

セントライト記念(G2)セダブリランテスは皐月賞馬アルアインより【上】!?かつて【残念ダービー】と揶揄されたラジオNIKKEI賞組躍進の実情は......の画像1

※セダブリランテスは右前ザ石のためセントライト記念を回避することが発表されました。

 無傷の4連勝で菊戴冠への足掛かりを作れるか。裏街道出身のホープがクラシック王道組へ「待った」を突きつける。

 来週月曜に行われる菊花賞の重要トライアル・セントライト記念(G2)に出走を予定しているセダブリランテス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)。デビュー戦をダートで勝ち上がった異色の経歴の持ち主だが、以来無傷の3連勝で芝重賞タイトルをゲット。最後の1冠を手にするべく十分な休養を経て勝負の舞台に上がってきた。

 前走のラジオNIKKEI賞は、持ち前のパワフルさを存分に発揮したレースと言っていい。京都新聞杯2着→白百合S1着とすでに十分な実績を上げていたサトノクロニクルを筆頭に、良血のディープ産駒クリアザトラック、フェアリーS優勝馬ライジングリーズンなど、出走馬のレベルも決して低くはない一戦だった。

 弱冠21歳の若手・石川騎手を背にしたセダブリランテスは、五分のスタートを切ると馬なりで先団外めにポジションを取る。直後には前述のサトノクロニクルとクリアザトラックが半馬身の差でつけており、有力馬にマークされるキツイ隊列になった。

 だが、そんな不利な条件も同馬には関係なかったようだ。楽な手応えのまま勝負どころで前に競りかけると、伸びあぐねる各馬を尻目に力強い脚捌きで先頭へ。上がり3F35秒1というタフな末脚で2着以下を封じ込め、人馬とも初となる重賞タイトルを獲得した。

 セントライト記念の下馬評でも上位人気は確実だが、最大の敵は何といってもG1馬アルアインだろう。皐月賞1着→ダービー5着の実績はメンバーの中でも当然最上位。鞍上をルメール騎手にスイッチした陣営の判断も、同馬への期待の表れであることは間違いない。

 ただ、逆転を期待できるいくつかの強調材料があるのも事実だ。

【回避】セントライト記念(G2)セダブリランテスは皐月賞馬アルアインより【上】!?かつて【残念ダービー】と揶揄されたラジオNIKKEI賞組躍進の実情は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!