NEW

パチスロ「今年の新台」”手抜き”は当たり前!? 完成度の低さ「要因」と「打開策」は……

【この記事のキーワード】

,

パチスロ「今年の新台」手抜きは当たり前!? 完成度の低さ「要因」と「打開策」は......の画像1

 パチスロ5.5号機の販売が終了となった9月は「20機種以上」の新台が販売され、月間の新台導入台数としては異例の多さを記録。その数多くある機種の中で最も期待された『北斗の拳 新伝説創造』はパチスロファンの期待に沿えない結果となってしまった。

 その理由として、”手抜き“と感じさせる機種完成度の低さだ。具体的には「演出バランスが雑」「開発コンセプトが適当」など、多くのユーザーから作り込みに欠ける出来に対し悲しみの声が多く挙がった。このような作り込みに対する意見は、今回の『北斗の拳 新伝説創造』に限った話ではない。今もなお高稼働を続けている「バジリスク絆」のシリーズ後継機『バジリスク〜甲賀忍法帖〜III』や、際立つ出玉性能で多くのヘビーユーザーを魅了した「ミリオンゴッド」、シリーズ初の新基準機『アナザーゴッド ポセイドン 海皇の参戦』も同様だろう。

 パチスロ業界を牽引する人気コンテンツがなぜ”手抜き”と呼ばれる結果になってしまったのか。これには「業界の変化」や「時代背景」など様々な理由が考えられる。

 原因の一つは、10月から始まった「5.5号機」から3000枚リミッター搭載の「5.9号機」のみの販売、また来年2月から施行される6号機への規則改正など、目まぐるしく変化する「業界」にある。これにより、機種開発へ大きな影響を及ぼすことになるのだ。

 パチンコ・パチスロが完成するまでには、約2~3年の期間が必要である。中には「5年以上」の歳月を掛けて、ホールへ登場する機種も珍しくない。本来、長期的な期間が必要である機種開発。それが、規制”によって予定が総崩れとなり、販売予定を早めなければならない。この想定外の事態に、最も悪影響を及ぼすのが”演出面”だ……。

「機種開発に最も時間が必要なのは、『映像演出』の制作です。制作までのフローを簡単に説明すると、アニメ制作→パチンコ演出用の映像制作→リーチ演出など映像演出を制御する組み込み、といった流れになっています。つまり、一つの演出が変更となれば、この制作過程が振り出しに戻る可能性も……。

パチスロ「今年の新台」”手抜き”は当たり前!? 完成度の低さ「要因」と「打開策」は……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!