NEW

菊花賞(G1)に重要陣営情報……池江厩舎「3頭出し」の”序列”に驚愕

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
菊花賞(G1)に重要陣営情報......池江厩舎「3頭出し」の序列に驚愕の画像1

 22日に開催される菊花賞(G1)。今年は冗談抜きの「主役不在」として、馬券師たちの腕が鳴るところだろう。

 そこで、気になる情報が編集部に届いた。昨年のサトノダイヤモンドに続く2年連続の制覇を目指す池江泰寿厩舎からは「3頭」が出走するが、菊花賞における「序列」が明らかになったのだ。

 池江厩舎の出走予定馬はアルアイン、サトノアーサー、サトノクロニクルの3頭。アルアインは皐月賞馬でセントライト記念2着、サトノアーサーは神戸新聞杯3着、サトノクロニクルはセントライト記念3着。いずれも今回の混戦ではチャンスあり、と評価できそうだが……。

 陣営の「期待度」は、すでに固まっているようだ。

 陣営は「モットーは挑戦。今回も遺伝子的には限界のある2頭だけど、いろいろ工夫すればこなせるはずで、そのために菊花賞を挑戦する」と語っていたようだ。この2頭というのが「アルアインとサトノアーサー」だという。

 この2頭はどちらもディープインパクト産駒で、これまでのレースぶりからファンも「中距離向き」という評価が多数だったが、陣営も考えは同じのようだ。実際にサトノダイヤモンドにも同じ見解を池江調教師は示していたが勝利しているので、菊花賞向きに仕上げてくるとは思うが……。

 そんな中「一番菊花賞向き」とし、自信があるのがサトノクロニクルとのことだ。

「まだ完成の域にはいないようですが、陣営がもっとも自信をもって送り出すようですよ。他2頭と違いハーツクライ産駒ですし、長距離向きな部分はあるでしょう。勝利は1800mまでしかありませんが、2200mでも全て馬券圏内に入っています。侮れませんね」(現場記者)

 誰が勝っても驚けない今年の菊花賞。国内で圧倒的な実績を持つ厩舎の「推しメン」となれば、無視などできようもない。

菊花賞(G1)に重要陣営情報……池江厩舎「3頭出し」の”序列”に驚愕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事