NEW

クリスマス「女」と「ゴッド」と「ロベルト」……パチスロサンタは時に甘く切ない

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマス「女」と「ゴッド」と「ロベルト」......パチスロサンタは時に甘く切ないの画像1

 もうすぐクリスマス。恋人と過ごす、友人とパーティーをするなど、その年により予定はさまざまだが、私「ロベルト竜馬」にとって「忘れられないクリスマス」がある。

 2014年の12月24日。あれほどまでにドラマチックな聖夜は、存在しないのではないか。

 学生時代や20代の頃は、間違いなく一大イベントだったクリスマス。その頃は「クリスマスだから」という理由だけで、飲み会を開くなど積極的に行動を起こしていた。

 しかし、社会人になってから特別感は徐々に薄れていった。その頃に務めていた会社の休みが、面白いようにクリスマスに被らなかったことも大きいのだろう。

「恋人がいる」などの特別な事情がない限り、仕事の日に訪れるクリスマスは「1日/365日にしか過ぎない」という認識に変わっていったのだが……。

 2014年12月24日、本来は出勤であったにも関わらず突如として休日へと変更になってしまう。恋人と呼べる存在はなし。そうなると話は変わってくる。この状況は単なる1日/365日ではない。多少強引な手を使っても、一緒に過ごす相手を見つけなくてはならない危機的状況なのだ。

 そのように考えた私は、前日の夜中より仲の良い知り合いの女性たちへ連絡したのだった。「急に休みになってしまった。予定ないから飲みにでも行こう」と――。

 ただ、彼女たちの反応は冷たいもの。「今日クリスマスだよ?」「もう予定あるから」次々に断りのメッセージが届く。そんなに簡単ではないと予想はしていたが、ここまで相手にされないとも思ってはいなかった。

 心が折れそうになったが、諦めるわけにはいかない。大して親しくない方や、もう何年も会っていない方にまで、片っ端から連絡を取るローラー作戦に出たのだが……。

「久しぶり」などの社交辞令は出るものの、私の誘いを受けてくれる女性は一向に現れない。日は昇り昼を迎えるも状況は変わらない。気がつけば、夕方になっている。「もうダメか……」そう覚悟した時だった。

 傷ついた私に”女神”が微笑んだのだ。

クリスマス「女」と「ゴッド」と「ロベルト」……パチスロサンタは時に甘く切ないのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!