NEW

パチスロ5号機「バジリスク」「ミリオンゴッド」の原点とは…… 出玉規制のキッカケ「爆裂機」誕生まで辿った軌跡を振り返る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 では、どのようにして出玉を増やすか。それは、ART「バトルモード」が大きなカギを握る。1セット20G、純増はボーナス込みで1.8枚、最大継続率は95%と破格の数字となっている。

 そしてこの驚異の出玉性能を実現できたのは、5号機の特性である「ボーナス成立後はリプレイ確率を上昇できる」に着目した点である。通常の機種であれば、ボーナスが成立すれば、その図柄を揃えるのが当然である。

 しかし、本機種は”あえて”ボーナスを揃えないことによって、前述した5号機の特性によってコイン持ちを維持するRT機能を実現。そしてベルナビをアシストするAT機能を融合し、かつてない新システムを生み出したのであった。

 このようなトリッキーな手法は、出玉試験を行う『保安通信協会』(通称 保通協)の想定外であったということもあり、当時屈指の出玉性能を可能に。そしてこれは、後に誕生する”あの爆裂システム”の発明に活かされたのであった。

今では当たり前となった「AT機」の原点が誕生!!

パチスロ5号機「バジリスク」「ミリオンゴッド」の原点とは...... 出玉規制のキッカケ「爆裂機」誕生まで辿った軌跡を振り返るの画像3平和HP」より

 時代は進み2012年。2011年に登場した5号機トップクラスの人気機種『押忍!番長2』『北斗の拳 世紀末救世主伝説』といったART機が最盛期を迎え、出玉性能は以前とは比べ物にならないほどに上昇していた。

 
 そんな時、さらに高い出玉性能を誇った革新的システム”AT”機能搭載の『ねぇ~ねぇ~島娘』(オリンピア)が登場したのである。

 本機種は、ATがボーナス扱いとなるスペックとなっており、BIG CHANCEでは200枚~最大1000枚、REGULAR CHANCEでは約40枚が獲得できる仕様だ。純増枚数に換算すると「約2.8枚」と、一般的なARTの純増枚数2.0枚前後を凌駕する性能を実現した。

パチスロ5号機「バジリスク」「ミリオンゴッド」の原点とは…… 出玉規制のキッカケ「爆裂機」誕生まで辿った軌跡を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!