NEW

京都記念(G2)は「4歳No.1」決定戦!? レイデオロVSアルアイン、モズカッチャンVSディアドラの豪華「4強対決」が2月に実現した理由

【この記事のキーワード】, ,
京都記念(G2)は「4歳No.1」決定戦!? レイデオロVSアルアイン、モズカッチャンVSディアドラの豪華「4強対決」が2月に実現した理由の画像1

 昨年の皐月賞馬アルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が2月11日に行われる京都記念(G2、芝2200m)で始動戦を迎えることがわかった。その後、大阪杯(G1)を経由して、香港のクイーンエリザベス2世C(G1)へ向かうようだ。

 今年で第111回を迎える京都記念は、ここ10年でもサトノクラウンやラブリーデイ、ブエナビスタなどが勝利。伝統のG2に今年も好メンバーが集ったと早くも話題沸騰中だ。

 今年の京都記念にはアルアインの他に、昨年の日本ダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)も出走を表明。昨年のジャパンC(G1)で敗れはしたもののキタサンブラックに先着したインパクトは大きく、アルアインの最大の障壁となることは間違いない。若き昨春のクラシックホースの激突は、今年の競馬界を占う重要な一戦となりそうだ。

 また、この「2強」に牙をむくのが同世代の女傑たちだ。

 昨年のエリザベス女王杯(G1)で、歴戦の古馬を破ってG1初制覇を飾ったモズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)も京都記念の参戦を予定。同じ京都2200mで乾坤一擲の走りを披露しているだけに、牡馬クラシックホースとの逆転も十分に狙える逸材だろう。

 そのモズカッチャンを秋華賞(G1)で破ったディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)もここから2018年をスタートさせる。敗れはしたものの桜花賞、オークスでも上がり最速を記録しており、昨年の牝馬3冠すべてでメンバー1位だった末脚は驚異の一言。前走のエリザベス女王杯では本来の伸びを欠いて大敗しているが、ここは仕切り直しの一戦となる。

 今週末のAJCC(G2)に出走予定しているダンビュライトやレジェンドセラーといった4歳世代の上がり馬も、春のG1戦線を睨めば少しでも賞金を上積みしておきたい立場。正式な発表こそまだないものの、場合によっては転戦してくる可能性もありそうだ。

京都記念(G2)は「4歳No.1」決定戦!? レイデオロVSアルアイン、モズカッチャンVSディアドラの豪華「4強対決」が2月に実現した理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」