NEW

パチスロ『押忍!番長』新作決定も「過去機種」刻んだ負のイメージ……人気コンテンツ『秘宝伝』期待裏切りの不安要素とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『押忍!番長』新作決定も「過去機種」刻んだ負のイメージ......人気コンテンツ『秘宝伝』期待裏切りの不安要素とはの画像1

 昨日発表された大都技研が誇る人気シリーズ機の新台『押忍!番長A』。ティザーPVのみの発表となった今回、具体的なスペックはまだ明かされておらず、詳細発表を待ちわびるファンが続出中だ。

 同シリーズといえば、2005年、4号機でデビューを飾った『押忍!番長』の登場以来、今なお続く看板コンテンツ。2011年に5号機として登場したART機『押忍!番長2』、その3年後のAT機『押忍!サラリーマン番長』はどちらも主軸機種として活躍。まさに、”ホールの顔”とも呼べる存在だろう。

 そんな人気シリーズ機の新台発表に関心が寄せられるのは当然だが、今回はシリーズ初”ノーマル機”だ。これまでとは異なるスペックに、「ノーマルで登場かよ」「新たな番長だな」と期待する声が飛び交っている。

 大都技研といえば番長シリーズを始めとするART・AT機の印象が強いユーザーも多いだろう。実際、これまで導入機種の多くがノーマル機とは異なるスペック。実績があるとは言い難い。

 ただ、数少ないノーマル機種として2012年に導入された『クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~』は、遊びやすいゲーム性とそのシステムがファンの心を掴み、高稼働を誇っていた。そうとなれば今回登場する『押忍!番長A』にも期待したいところだが……

 昨今、同社が販売したノーマル機の”不評”が唯一の不安要素と指摘する声も多い。

パチスロ『押忍!番長』新作決定も「過去機種」刻んだ負のイメージ……人気コンテンツ『秘宝伝』期待裏切りの不安要素とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事