NEW

ルメール「駅に行きました」オブセッション「大膨れ」の理由……これには「先達」小牧太騎手も苦笑い?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルメール「駅に行きました」オブセッション「大膨れ」の理由......これには「先達」小牧太騎手も苦笑い?の画像1※画像:ダノンプレミアム 『競馬つらつら』より

 2歳王者ダノンプレミアム、東京スポーツ杯2歳S(G3)を鬼脚で制したワグネリアン、ポテンシャルの高さを評価されているオブセッション、そしてホープフルS(G1)2着馬ジャンダルムの4強対決と目されていた今年の弥生賞(G2)。

  いざ蓋を開けてみると、2歳王者・ダノンプレミアムが貫禄勝ちを収め、2番手にはライバルと目されていたワグネリアン、続いてジャンダルムが入線した。戦前から高評価された馬たちが皐月賞への優先出走権を手にしたが、4強の一角に数えられていたオブセッションは7着と期待を大きく裏切る結果に終わっている。

 レースでは3番人気に支持されていたオブセッション。中団に待機して4コーナーを周って加速するかと思いきや、うまく回れず大きく膨らんでしまう。結局はこのロスが大きく響き、素質馬は実力を発揮したとはいえない結果に終わる。騎乗したC.ルメール騎手はレース後、オブセッションが若いために気性面が未熟であることを指摘し「返し馬の時に待避所に入れていたことで、レース中に馬がそこへ行くのだと勘違いしてしまいました」と膨らんでしまった理由を説明していた。

「若さに敗因を求めたルメール騎手ですが、今回の騎乗にはネット上で批判の声も上がっています。人気を集めた馬が逸走しているかのようにも思える動きをしたわけですから、当然といえば当然です。昨年は平場、重賞ともに活躍したルメール騎手ですが、今年はあまりうまくはいっていない様子。クラシック本番には調子を取り戻せればいいのですが……」(競馬誌ライター)

 予想だにしない走りで敗退したルメール×オブセッションのコンビ。今後、コンビ継続も含めてどうなるのか注目が集まる。

ルメール「駅に行きました」オブセッション「大膨れ」の理由……これには「先達」小牧太騎手も苦笑い?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!