NEW

JRAきさらぎ賞(G3)「無敗」エングレーバーの真価。オルフェーヴルと”同じ道”も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAきさらぎ賞(G3)「無敗」エングレーバーの真価。オルフェーヴルと同じ道も?の画像1

 2月3日、京都競馬場で行われる、3歳重賞・きさらぎ賞(GIII・芝1800m)。同週にエルフィンS、来週にもクイーンC、共同通信杯と予定されていることもあり、例年それほど多頭数にはならないが、この後の勢力図を占う意味では重要な一戦だ。

 ここにデビューから2連勝で挑むのはエングレーバー(牡3、栗東・中内田充正厩舎)。父オルフェーヴル、母マルティンスターク、その父シンボリクリスエスという血統。母のマルティンスタークは現役時代、芝の1600~1800mで4勝を挙げていた。

 デビュー戦は京都芝2000mの新馬戦。遅れ気味のスタートから後半ポジションを上げていき、直線は上がり最速の34.9の脚を使って差し切るという強い競馬。見せた素質のままその後の500万下も制し連勝をあげた。

 そして父も出走したこのきさらぎ賞へ出走。「器用さがあり、コーナー4回のコースのほうが向いているタイプです。今回はコーナーが2回ですので、そこへの対応が鍵となるかもしれません。お父さんのオルフェーヴルもはここでは折り合いを覚えさせる競馬で3着、その後は三冠・有馬記念を含む6連勝を挙げましたが、エングレーバーも先の大舞台を見据えての競馬となるのではないでしょうか」(厩舎関係者)と言われているが、やはりここが試金石の一戦ともなりそうだ。

 しかし、ここまでの2戦は内回り2000mでのもの。外回りの1800mに変わった今回、対応できるかどうかは見ものにとなりそうだ。

JRAきさらぎ賞(G3)「無敗」エングレーバーの真価。オルフェーヴルと”同じ道”も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!