NEW

【金鯱賞(G2)展望】武豊エアウィンザーがJRA・G1馬5頭と激突! 「復活」ダノンプレミアムにも注目!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【金鯱賞(G2)展望】武豊エアウィンザーがJRA・G1馬5頭と激突! 「復活」ダノンプレミアムにも注目!の画像1

 3月10日、大阪杯(G1、芝2000メートル)の前哨戦、金鯱賞(G2、芝2000メートル)が中京競馬場で行われる。G1と言ってもいい超豪華メンバーだ。レースを展望する。

 中山記念(G2、芝1800メートル)に続きG1馬5頭が出走予定だが、G1馬を押しのけて1番人気になりそうなムードが漂うエアウィンザー(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)に注目する。

 目下4連勝中とはいえ、前走のチャレンジC(G3、芝2000メートル)で重賞初制覇したにすぎない。しかし、チャレンジCの圧倒的パフォーマンスは"G1で通用する"いや"G1を勝てる!"と思わせた。4角3番手から上がり最速の豪脚を披露。これでは後ろの馬はなす術がない。エアスピネルの全弟が兄を越えて本格化した。

 3歳時、共同通信杯(G3、芝1800メートル)で6着に敗れるとクラシックシーズンを休養、札幌の500万下特別から始動。ひたすら裏街道を歩み堅実に上のステージにステップアップしてきた。陣営の馬の成長に合わせてレースを使う姿勢が功を奏したのだろう。昨年春、1600万下特別を勝つとそこから3連勝。4連勝目のチャレンジCで凄まじい破壊力を炸裂させた。

 今回から鞍上は武豊騎手。秋華賞(G1)を勝った母エアメサイアには全レースに跨がり、エアスピネルの主戦でもあった。一族の特徴を知り尽くすレジェンドに導かれてここを優勝すれば、大阪杯の大本命になる。

【金鯱賞(G2)展望】武豊エアウィンザーがJRA・G1馬5頭と激突! 「復活」ダノンプレミアムにも注目!の画像2

 復帰が待ち望まれていたダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)がいよいよ始動する。昨年の日本ダービー(G1、芝2400メートル)は6着だったが、挫跖で皐月賞(G1、芝2000メートル)を回避、一頓挫あった後のレースだった。日本ダービー以外は無敗。もし、体調万全で皐月賞に出走していればどれほど強かったのか。そのベールが剥がれる時が来た。

【金鯱賞(G2)展望】武豊エアウィンザーがJRA・G1馬5頭と激突! 「復活」ダノンプレミアムにも注目!のページです。GJは、競馬、JRAエアウィンザーダノンプレミアム武豊金鯱賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!