NEW

JRAアーモンドアイ「ホッとした」凱旋門賞回避に英強豪馬調教師「リップサービス」? 今年も高すぎる「壁」に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「当然リップサービスもあるでしょうし、シーオブクラスへの自信の裏返しとも見えてしまいますが(笑)。わざわざコメントするほど、やはりその注目度は高いですね。

近年の状況を考えれば、シーオブクラスがジャパンCで来日、という可能性は低いでしょうが、海外の関係者がアーモンドアイに興味を抱いているのは事実。今後凄まじいパフォーマンスを続けることが期待されます」(競馬紙記者)

 日本からは今年、サートゥルナーリアやブラストワンピースの参戦可能性があるが、シーオブクラスが出走すれば、超がつくほどの強力なライバルに違いない。図らずもハガス氏が「日本を牽制」したようにも。

 シーオブクラスは6月のロイヤルアスコット開催プリンスオブウェールズS(G1)で今年初戦を迎える。

JRAアーモンドアイ「ホッとした」凱旋門賞回避に英強豪馬調教師「リップサービス」? 今年も高すぎる「壁」にのページです。GJは、競馬、アーモンドアイシーオブクラス凱旋門賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!