NEW

JRA安田記念「アーモンドアイ&ダノンプレミアムに肉迫」の勝負馬発見!? 最強決定戦を真に見極める"方法"とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA安田記念「アーモンドアイ&ダノンプレミアムに肉迫」の勝負馬発見!? 最強決定戦を真に見極める方法とはの画像1
アーモンドアイ、ダノンプレミアム「2強」を100%信用できない「過去」

 6月2日、春のマイル王決定戦・安田記念(G1)が東京競馬場で開催される。

 ただ、今年の安田記念は例年と趣が大きく異なる。今年は「現役最強馬決定戦」という極めて重要な意味合いも含まれるのだ。

 目玉は何といっても昨年の年度代表馬にして今年のドバイターフ(G1)も完勝したアーモンドアイ。今や「最強」の名をほしいままにする女傑が、秋の凱旋門賞挑戦をパスしてこの舞台に緊急参戦を表明。他陣営は戦々恐々といったところだろう。

 本来ならアーモンドアイが「どう勝つのか」が焦点となりそうなレースだが、そんな女王を現役で唯一脅かせそうな存在もスタンバイ。それが一昨年の2歳王者ダノンプレミアムだ。今年は怪我から復帰してG2を余裕の2連勝。その実力はいまだ底が知れず、この直接対決は競馬ファンにとって今年の「日本ダービー以上の注目度」といっても過言ではない。

「2強」にばかり目がいってしまうのは仕方ないが、一方で安田記念は毎年のように「一波乱」あるレースとして知られる。10万馬券もまったく珍しくない「穴馬台頭G1」としての側面を持つ。昨年は連闘で挑んだ9番人気モズアスコットが勝利、3年前は大本命モーリスがロゴタイプに足元をすくわれ、5年前は16番人気のグランプリボスが当時世界ランク1位のジャスタウェイをハナ差まで追い詰めている。

 過去の結果を見る限り、能力が抜けていてもすんなり「2強馬券を買っておけばいい」というレースでないのは明白だ。そして今年も、2強に割って入りそうな「絶対的な勝負馬」の情報を得た。

「近年の競馬界はマイル~中距離をこなすスピードタイプが重要視される傾向にあるのは多くの人が知ってるよね。最近の安田記念や天皇賞・秋のメンバーがハイレベルになりやすいのも、状況を考えれば必然。今年も、2強を差し引いても良いメンバー構成になってる。その中でも、昨年の桜花賞以来のマイル戦になるアーモンドアイ、『本当の実力』に疑問符があるダノンプレミアムを相手に『一泡吹かせる』と目の色を変えている陣営がいるんだ。ここで名前はいえないが、現場での評判は極めて高く、他とは比較のしようがない。大金星の可能性はあると思うよ。こういう情報はマスコミが出すと責任云々が問われるから、一般人にはなかなか届かないけどね」

JRA安田記念「アーモンドアイ&ダノンプレミアムに肉迫」の勝負馬発見!? 最強決定戦を真に見極める方法とはの画像2

 太い情報網を持つ現場スタッフの意見だが、確かに昨年覇者モズアスコットにマイルの新星インディチャンプ、前哨戦を快勝したタワーオブロンドンなど、骨太なメンバーが集まったのは事実だ。その中でも、現場において「抜きん出た評価の馬」がいるとのことだが......。その馬がいったい登録馬のどの馬なのかは、何度聞いても教えてくれなかった。

 今回の安田記念を的中、いや高配当で的中させるためには、何とかその情報がほしいところ。ただ、その現場スタッフは「正規ルートでもないのに教えられるか」と一笑に付すばかりだ。

 しかし、こちらがあまりにもしつこかったからか、しぶしぶではあるがその「正規ルート」を耳打ちしてもらうまでには至った。「今は特別な状況だから......」という意味深な言葉とともに。

 そのルートとは、創業24年の歴史を持つ業界老舗の競馬総合情報社「シンクタンク」の存在である。

競馬情報業界というのは、想像に難くないだろうがとにかく玉石混交で、まるでスマホゲーム業界が如く生まれては消え生まれては消え、という流れが一般的だ。その中で24年もの長きに渡り運営を継続する「シンクタンク」は、異質の存在として関係者の間で名前が轟いている。

 安定かつ成長を続ける要因は、その情報網だ。過去にはサクラローレル、サクラバクシンオーなど多数のGⅠ馬を育てた境勝太郎元調教師や、"関西のドン"として知られた柳田次男元調教師など競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍。現在でもハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、史上最強とも呼び声が高いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師らが情報網を構築。最高峰と言われる人脈と情報力を確立し、一般マスコミでは入手できない、決して表には出回らない『本物の関係者情報』を入手できる「環境」があるからこそ、唯一無二の存在として崇められている。

JRA安田記念「アーモンドアイ&ダノンプレミアムに肉迫」の勝負馬発見!? 最強決定戦を真に見極める方法とはの画像3
名馬サクラスターオーを管理した重鎮、平井雄二元調教師

 一部の会員限定で運営を続ける「シンクタンク」の実力は直近でも健在。今週の安田記念と関連する前哨戦でも発揮されたようだ。

京王杯スプリングCは6番人気リナーテから3連単2万0940円、3連複3780円、馬連2590円の3馬券種完全的中、マイラーズCも3馬券種完全的中、東京新聞杯は3連単1万8190円、3連複4300円を的中と、他の追随をまるで許さない結果のオンパレードだ。

 最終的にその現場スタッフは、こちらと「シンクタンク」スタッフの接触を仲介してくれ、直に話す機会をくれた(意外と面倒見のいい人物なのだ)。そこでの話はここではとても公開できないが、業界の不文律や掟に始まり、騎手たちの状況や直近の安田記念における各陣営の思惑までを聞き、これまで「点」でしかなかった認識や知識がつながり「線」になる、初めての体験をしたことだけは確かだ。

 さらに、こちらと「シンクタンク」スタッフが今回接見したのには明確な理由があった。これまで、的中配当の分散を避けるため一部の会員向けの運営を徹底していた「シンクタンク」が今回、異例の「情報の一般公開」に踏み切っている、というのである。

 無論、大々的な広告活動を行っているわけではなく、あくまでも「有益な情報を求め、『シンクタンク』の存在に気づいた一般人」に向けてはいるものの、今回に限っては来る者拒まずの姿勢だという。

 そこには「有益な情報社だけが残り、力のない情報社を駆逐し、多くの人に情報の力を体感してもらう業界構造を作る」という使命感があるとのこと。確固たる自信があってこその発言だ。「今は特別な状況だから......」とは、その点においてのものだった。

 今週の安田記念、「シンクタンク」は「3連単情報特別無料公開」を実施。前述のような圧倒的な情報網と実績を考えれば、今回は限りなく大きなチャンスといえる。この幸運を、多くの競馬ファンに体感していただきたい。

CLICK→安田記念「3連単情報特別無料公開」シンクタンク

※この記事はPR記事です。

JRA安田記念「アーモンドアイ&ダノンプレミアムに肉迫」の勝負馬発見!? 最強決定戦を真に見極める"方法"とはのページです。GJは、競馬、アーモンドアイダノンプレミアム安田記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!