NEW
各出版社のNEXTドル箱マンガ

小学館は引き抜きばかり! 出版社が命運を賭す"新ドル箱"とは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「視点をクリアにする情報誌 月刊サイゾー」の記事がウェブ上で読める「サイゾーpremium」の記事から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

――本企画で関係各所に聞き取りを調査を敢行。2014年以降、各出版社を支えるような、大ヒットとなるのはどの作品だろうか? ここでは、本誌がマンガ編集者への聞き取りや、各種のデータをもとに各社の注目作品をピックアップ。一言解説と共に、紹介する。果たして、今後のマンガ界の救世主となるのは──?

premium_3439_01.jpg
(絵/都築 潤)

■集英社
売り上げ約98億円

1926年に小学館の娯楽部門として分離、設立。国民的マンガ誌「週刊少年ジャンプ」を擁するコミック市場の最大手。

着々と新陳代謝に成功している集英社。『黒子のバスケ』は度重なる脅迫事件によりTSUTAYAから関連商品が撤去されるなどの憂き目に遭っているが、腐女子を中心に熱狂的なファンから支持を得て累計2300万部突破。さらに、ウェブマンガからコミック単行本化した『ワンパンマン』の売上げも好調で、順調に世代交代に成功しつつある。まだまだ"横綱相撲"は続きそうだ。

――[2014年注目作品5選]――

premium_3439_02.jpg

■脅迫事件もなんのその
『黒子のバスケ』
累計2300万部突破

premium_3439_03.jpg

■ポストONE PIECEの本命?
『暗殺教室』
最新刊の初版100万部

premium_3439_04.jpg

■往年の名作で荒稼ぎ
『ときめきトゥナイト 真壁 俊の事情』
15年ぶり新作で売り切れ続出

premium_3439_05.jpg

■ウェブマンガから大ヒット
『ワンパンマン』
累計160万部

premium_3439_06.jpg

■映画化でがっぽり
『清く柔く』
人気シリーズの映画化は吉と出るか?

premium_3439_07.jpg
(絵/都築 潤)

■講談社
売り上げ約67億円

1909年創業。「週刊少年マガジン」、「なかよし」、「モーニング」など数多くのコミック誌を発行している。

しつこいようだが、今年はなんといっても『進撃の巨人』。「いよいよ、『ONE PIECE』に対抗できる国民的マンガが現れた」(業界関係者)という気の早い声も聞かれた。さらに、『亜人』『七つの大罪』など次世代の看板マンガを育て、集英社を追撃できるか注目が集まっている。また、東村アキコの新作『メロポンだし!』を「モーニング」とLINEマンガで同時連載し、オールカラーで単行本化するなど新たな取り組みのほか、ネットにも力をいれている。

――[2014年注目作品5選]――

premium_3439_08.jpg

■アニメ化でモンスター級に
『進撃の巨人』
累計2500万部突破

premium_3439_09.jpg

■2014年の大ブレーク候補?
『亜人』
累計100万部突破

premium_3439_10.jpg

■マガジン激推しでアニメ化最有力視
『七つの大罪』
4大少年誌を制覇した著者の渾身作

premium_3439_11.jpg

■ヤンマガお家芸が新機軸!
『ヤンキー塾へ行く』
多くのマンガ通が絶賛

premium_3439_12.jpg

■LINEマンガで史上初の同時連載
『メロポンだし!』
オールカラーで単行本化

続きはこちらから!