NEW

家入一真に聞く「都知事になって何をしたいの?」異例の選挙戦術、具体的政策は対話で

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家入一真氏(左)と山口揚平氏(右)
 1月23日、東京都知事選が告示された。16名が立候補した今回は、初めて単独で行われる都知事選(2011年の前々回までは統一地方選挙、12年の前回は衆院選と同日)であり、注目度も高い。さらに、細川護煕元首相が小泉純一郎元首相の支援をバックに「脱原発」の旗印を掲げて参戦するなど、候補者の話題性にも事欠かない。


 そのような今回の東京都知事選候補者の一人で、IT企業役員で実業家の家入一真氏は、選挙活動のほとんどをネットで行うというユニークな選挙戦を展開している。Twitterでフォロワーから多くの支持を受けたことで出馬を決意し、政策は掲げずにネットで意見を募集、ボランティアや選挙資金もすべてネットで集める「これこそネット選挙」を体現する。特に、政策のヒントをネットでの対話によって得る手法は、斬新ゆえに賛否両論を呼んでいる。

 そこで今回、家入陣営政策チームに名を連ねる作家・企業家の山口揚平氏との対談を通じて、家入氏に都知事選立候補およびユニークな選挙活動の狙いなどを語ってもらった。

●出馬のきっかけは、マイノリティの居場所づくり

--家入さんと山口さんの出会いについて教えてください。

家入一真氏(以下、家入) 山口さんと初めてお会いした時は、“超まじめそうな人”というイメージでした。

山口揚平氏(以下、山口) 私は最初、画家になりたかったんです。でも東京藝術大学の受験に失敗して普通の大学に行って、就職して、M&Aでカネボウやダイエーの再生などに携わり、365日働きづめで身体を壊して、人間を廃業していたような状態だった時期もありました。普通に勤めるのは難しいので、自分の会社を起こして、しばらくしてその会社を売却して、ドロップアウトしていたんです。だから私自身もマイノリティの側です。肩書は“エグゼクティブニート”です。今回の都知事選に家入さんが出馬されたのは、マイノリティの居場所をつくりたいということがきっかけでしたよね。

家入 そうです。弱者、少数派、引きこもり、家出少年少女、セクシャルマイノリティなど、社会から見過ごされている人たち、放置されている人たちの社会的な居場所ができて、彼らが生きやすくなれば、さまざまな問題が解決するのではないかと思ってきました。私自身もマイノリティの側でしたから、とてもよくわかるのです。地域や世代を超えて人同士がつながって支え合うことができれば、20年に開催される東京オリンピックで、海外から来る外国人の皆さんも、東京はいい街だと思ってくれるのではないでしょうか。

山口 それは、ここ「リバ邸」で、家入さんはすでにやられていますよね。

家入 はい。「リバ邸」のコンセプトは、現代の駆け込み寺です。普通の人生の生き方からドロップアウトしてしまったマイノリティの人たちが、みんなで支え合いながら、生活コストを下げて生活をすることで、ビジネスをつくったり、自分がやりたいことを探したりする、そのような人と人のつながりが生まれる場所が「リバ邸」です。国や都などの行政は、このようなマイノリティ対策はしていません。それどころか、シェアハウス規制などが強化されている。すると、居場所を失った人たちが、さらに社会にあふれるのではないかと危機感を募らせています。

山口 それで、東京都版の「リバ邸」が必要になる。

--つまり今回、家入さんが立候補した理由の一つは、そのようなマイノリティ対策にしっかりと取り組みたいということでしょうか?

家入 そうです。こういった人と人のつながりをつくっていく場を広げるとなると、それは民間だけでは限界があります。政治でしかできないことがある、と考えたことが、今回の立候補のきっかけなんです。