NEW

ここがヘンだよフジ『リーガルハイ』~法廷での激しい応酬や振る舞い、不意打ちの新証拠

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『リーガルハイ』公式サイト(「フジテレビ HP」より)
 2013年10~12月期の連続テレビドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系)は、平均視聴率18.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録し、大ヒットとなった。同ドラマは、依頼人に法外な弁護費用をふっかけ、平気で犯罪まがいの手法を取り、引き受けた弁護は一度も裁判で負けたことがない敏腕弁護士・古美門研介(堺雅人)と、真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子(新垣結衣)がタッグを組み、法廷闘争を中心にストーリーが展開されるコメディタッチのドラマだ。12年4~6月期に放送された第1期の『リーガル・ハイ』(平均視聴率12.5%)、13年4月13日放送のスペシャル版がヒットし、第2期の放送となったものだ。

 ドラマなので、当然現実との乖離はある。ドラマの最後に六法全書のイラストカットが出るが、そこに小さな文字で「実際の法律実務とは異なります」という但し書きがなされている。ドラマのテロップには、法律監修者として2人の本物の弁護士の名前も登場する。ただ、あまり堅いことを言っているとドラマとして成立しないので、必要に応じて現実との違いに目をつぶって演出している部分も少なくないだろう。

 しかし、素人の視聴者にしてみれば、どこまでが現実的でどのあたりが非現実的なのかわかりにくい。そこで、前回記事『ここがヘンだよ「リーガルハイ」~古美門暴走の法廷シーン、裁判官の年齢に執務室』に引き続き、第1期全11話、スペシャル版、そして第2期全10話の合計22話を基に、ドラマと現実の法廷の違いを取り上げ、あまり知られていない法曹界の姿を浮き彫りにしてみたいと思う。

●「陳述します」で傍聴席はちんぷんかんぷん

『リーガルハイ』に限らず、法廷ドラマでは弁護士や検事が裁判の中でたくさん話す。事件のいきさつ、自分の主張をしっかり説明してくれるので、視聴者は事件の中身や検察側・弁護側双方の主張をよく理解できる。

 しかし現実の法廷では、裁判を傍聴していても事件の中身はさっぱりわからない。双方の主張はあらかじめ書面でやりとりされていて、法廷ではその書面を読み上げることすらしない。「陳述します」の一言で、読み上げたことにしてしまうのだ。

 判決文は民事、刑事どちらの裁判も、裁判官が全文を読み上げるし、刑事事件では検察側からの冒頭陳述、論告・求刑、被告からの最終弁論も全文を読み上げる。だが、そのほかの途中経過でやりとりされる書面は、裁判の中で読み上げられることはない。

 1996年に民事訴訟法が改正される以前は、民事裁判ならほぼ2~3カ月に1度のペースで法廷を開き、そのたびに弁護士は毎回「陳述します」の一言を発し、次回の法廷の日程を決めるだけ、ということを繰り返していた。

 それが改正によって、弁論準備制度が誕生した。これは、法廷という公開の場ではなく、裁判官と当事者だけで話し合いをし、論点の整理をする制度だ。法廷を使うのは初回公判と、次は証人尋問の時、そして判決の言い渡しの時、合わせて3回とするのが改正後のスタイルである。