NEW
9セルで読み解く 川上昌直のビジネスモデル・シンキング

話題の「オフィスで野菜」サービス、何が秀逸?スモールビジネスにありがちな思考のワナ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 先日、筆者はテレビ番組『お願い! ランキング』(テレビ朝日系/月~木曜深夜0時50分放送)内の企画「ビジネスジャッジ」に出演しました。同企画は、新たにビジネスを始めた起業家たちのビジネスモデルのプレゼンを聞き、現状の問題点や将来性などを元ライブドア社長・堀江貴文氏らとジャッジするもの。フレッシュな起業家のビジネスプランはどれもユニークで応援したくなるものばかりでしたが、半面、儲けるために不可欠な「顧客満足と利益をいかに同時創出すべきか」という視点が抜け落ちていたり、詰めが甘いと感じる部分もありました。

 そこで今回は、番組に出演した企業を取り上げ、筆者が提唱する9セル(ナインセル)というフレームワークに当てはめながら、同社のビジネスについて解説したいと思います。

 オフィスのブレイクタイムに、一口サイズの新鮮な野菜はいかが――? そんな価値提案で「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」というサービスを提供しているのが株式会社KOMPEITO代表取締役の川岸亮造氏です。仕事中は、スナック菓子やドーナツなど“茶色いもの”ばかり食べてしまうオフィスワーカーに野菜を提供したいと、川岸氏は考えました。大手コンサルティング会社で農業ビジネスに携わっていた川岸氏は、2014年に同社を立ち上げます。昨年1年間の年商は1000万円、従業員8名で奮闘しています。

 野菜の提供方法は実にシンプル。KOMPEITOの冷蔵庫をオフィス内に設置してもらい、そこに袋やパックに入った1つ100円の野菜を投入しておきます。社員の誰もがいつでも購入できるようにして、消費された分のみを補充して売り上げを確定する仕組みです。多くの人に馴染みのある、お菓子ボックスを設置する「オフィスグリコ」の野菜版といえます。

 さっそく、番組で川岸氏がプレゼンした内容を9セルに当てはめましょう。9セルとは、縦軸に「顧客価値」「利益」「プロセス」を、横軸にWho-What-How(「誰に?」「何に?」「どのように?」)を並べ、9つのセルに区切ったもの。それぞれのセルに答えれば、自社のビジネスのあり方がくっきりと見えます(9セルの詳細は本連載第1回記事を参照)。

9セルで読み解く「OFFICE DE YASAI」


「OFFICE~」は、お客様にどんな価値を提供できるのでしょうか。それを示したのが、9セル上段にある「顧客価値」の欄です。同サービスは、不規則になりがちな職場での食環境に「ヘルシー」を取り入れたい人(1)に、新鮮野菜(2)をオフィスに届けるビジネス。社内の冷蔵庫から野菜を取り出すので、コンビニでサラダや野菜スティックを買うよりも圧倒的に便利なところや、食べやすいサイズに切られているところが特徴的です(3)。オフィスのデリバリーといえば、コーヒーやお菓子などが定番の中、「野菜」に目をつけたのが画期的。ビジネスを稼働して半年足らずで100社以上と契約したそうですが、それはこれまでにはない「顧客価値」を提案できたからだと思います。