NEW
浮世博史「日本人が知らなかった、ほんとうの日本史」

本能寺の変の裏に衝撃の真実が!「謎だらけの」豊臣秀吉、なぜ天下を獲れた?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊臣秀吉像(「Wikipedia」より/Tabularius)
 これまで、豊臣秀吉は多くのNHK大河ドラマに取り上げられてきました。たとえ主人公ではなくても、戦国時代のドラマで秀吉が登場しないものはほとんどないでしょう。

 秀吉が関係する話では、弟の豊臣秀長が登場することも多いのですが、秀長についてはわからないことが多くあります。秀吉の異父弟といわれてきましたが、最近の研究では「同父弟である」という説も有力になっています。

 これだけ有名にもかかわらず、秀吉の家族には謎が多く、妻の高台院(ねね)も含めて、縁戚関係などは不明なことだらけです。

 秀長の名前が史料に見られるようになるのは、1560年の桶狭間の戦い以降です。1561年の織田信長による「美濃攻め」あたりから、秀吉の側にいたと考えるのが無難でしょう。

 ドラマや小説では、秀長の通称として「小一郎」という名前が出てきますが、実際に秀吉が黒田孝高に宛てた手紙の中に、以下のような文章があります。

「お前は、弟の小一郎と同じように心許せる存在だ」

 臣下の心をくすぐるお世辞だとしても、この表現からは秀吉が秀長に厚い信頼を寄せていたことがわかります。

 ドラマや小説での秀長は、「秀吉の暴走を止める」「秀吉を助ける」といった役どころが多く、歴史ファンに「もし長生きしていたら、豊臣政権は安泰だったのではないか」と思わせる存在です。

 当時は、秀吉の参謀を黒田が、補佐役を秀長が務めていました。経営者にとっては、参謀も補佐役も欠かせない存在です。しかし、それはまったく別物だということが、黒田と秀長の行動からわかります。

 参謀とは、方向性や知恵、判断材料を司令官に提供する役割です。ピンチの匂いを嗅ぎ取り、チャンスの到来を教えます。しかし、補佐役は違います。司令官が決めたことを運用するに当たって、より円滑に実行できるようにするのが役割です。

優秀な“副社長”だった秀長


「信長が本能寺の変で明智光秀に討たれた」という知らせが届いた時の2人の対応は、参謀と補佐役のお手本ともいえるものです。黒田は言います。

「好機到来! 殿が天下人になられる時が来ました。今、ここからすぐに引き返して光秀を討てば、天下は殿のものになりますぞ!」

 しかし、秀吉は「それはその通りだ。しかし……」とためらったといいます。秀長は、涙を流しながら言います。