NEW
「もう結婚に恋愛は要らない! ~恋愛しない若者たち」

精子買い、産むだけ婚を求める女性増…夫不要でただの精子バンク扱い?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ところが、彼はフタバの親とそりが合わず、店の接客も満足にできなかった。出産の際には、破水したのを見てただ取り乱すばかりだった。挙句の果てに、彼女の両親や親戚一同は、こんなことまで言い始めた。

「跡取りができたんだし、もう婿はいらないね」

 驚くのは、フタバ自身もそう思い始めていることだ。なぜ私は、尊敬できない男性と、何年も生活を共にしてきたのだろう。時々、こんなふうにも考えるという。

「どうせ精子バンクみたいな存在なら、もっと優秀な精子を探すべきだった!」

精子を買って自分で妊娠

精子バンク」――。欧米では未婚女性の利用がすでに合法化されている国もあり、医療機関だけでなく精子提供者個人も国に登録義務があるなど、一定の法整備が始まっている。そして、まだ合法化されていない日本でも、現実には「海外だけの話」や「他人事」では済まされなくなってきたようだ。

 その驚くべき実態を報道したのが、2014年2月27日の『クローズアップ現代』(NHK総合)だ。

 番組によると、日本でもインターネット上で精子の提供を持ちかける個人サイトが、すでに40余り(当時)。もちろん違法だし、多くが匿名、身元不明で、倫理上の課題や感染症のリスクもある。それでも「精子買い」を希望する女性が少なくないという。

 番組では、精子提供者とそれを受け取る側の女性に接触していた。もっとも衝撃的だったのは、精子を欲する未婚女性たちの生の声と、その行動だ。

 ある女性は、仕事優先で30代の婚期を逸してしまった。結婚は必要ないが、子どもだけは欲しい。しかし海外の精子バンクは数百万の費用がかかるうえ、手術のために渡航する場合、仕事を長期間休まなければならない。

 そこでたどりついたのが、国内の個人サイト。怪しいと思いつつも「私にはここしかない」と駆け込んだ。取材当時、彼女は妊娠9週目に達していたという。

 もう1人の女性の行動は、さらに驚きだ。

 インターネットで知り合った見知らぬ男性(自称30代/会社員)と、地下鉄出口で待ち合わせ。そこで「プラ容器」を渡し、公衆トイレで精子(精液)を採取してもらって受け取る。そして自宅に戻り、なんと自分の手で、針のない注射器で卵巣に入れるというのだ。

 これらはあくまでも極端な例ではあるが、番組では倫理上の問題や感染症のリスクについて、専門家が声を大にして警鐘を鳴らした。

 なぜ一部の女性たちは、ここまでやってしまうのか?

『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』


恋愛至上主義の終焉と結婚の危機! 恋愛とセックスと結婚の三位一体は崩壊!

amazon_associate_logo.jpg