NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

サラダ油や醤油、コーンフレークも人体に危ない!危険な遺伝子組み換え食品が野放し!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 国際諜報機関であるタヴィストック人間関係研究所の洗脳が功を奏しているのか、はたまた「陰のサミット」と呼ばれるビルダーバーグ倶楽部の支配力が強まったためかはよくわかりませんが、日本人が自分の国の良さを認識しなくなり、長きにわたって伝えられてきた伝統・文化というものを軽んじる傾向は、確実に高まっているように思えます。

 これは、国粋主義やナショナリズムなどとはまったく関係のない話で、自分が生まれ育った国の良さをわからずに、他国のことを良いとか悪いとか判断できるはずもなく、結局、お互いを理解して仲良くすることもできないのではないでしょうか。要するに、基本的な立脚点、あるいはアイデンティティーの問題ではないでしょうか。

 日本は紀元前660年2月11日に建国された、現存する国の中では世界で一番古い国なのですが、この事実は学校教育では教えられないので、多くの人たちはそのことさえ知りません。教えられなければ知らないのも無理もない話ではありますが、「馴染みのなかった外国の文化を、マスメディアに踊らされて喜々として取り込むより先に、自分の国のことをもう少し勉強しよう」などとぼやいても、世間からあまり相手にされなさそうで寂しい限りです。

 ちなみに、日本に次いで古い国はデンマークで、10世紀頃に建国されたといわれております。「幸福度世界一」といわれるデンマークでは、福祉とともに教育にも力を注いでいるようです。それは、取りも直さず自国の文化に対しての見識を深め、誇りを持ち、個人個人が国や社会に対してなんらかの貢献をしようという正常・正当な意識、――それを愛国心と呼ぶかどうかの判断は読者の皆様に委ねますが――、そういった気持ちを持つことにつながっているのではないでしょうか。

 他国に対して自国で失敗した原発の技術などを売りつけたりせず、もっとほかに知ってもらうべきモノ・コトがあるように思われます。

正しい豆まきの作法

 言うまでもないことですが、日本には世界に誇れる伝統・文化が厳然と存在しております。そのうちのひとつが「節(せち)」というものです。春夏秋冬それぞれの季節を分ける日のことを「節分」と呼んだのですが、江戸時代からは立春の前日だけを節分というようになり定着しました。「邪気」が入り込みやすいといわれる季節の変わり目に、宮中では「追儺(ついな)」と呼ばれる行事が行われていましたが、これは邪気を払い、福を呼び込むためのものだったのです。