NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

マイナス金利時代に年10万円「増やす」方法!当たり前すぎて忘れがちな原則

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 日本銀行のマイナス金利政策導入によって、預貯金の金利が軒並み下がりました。金利が高めの地方銀行のインターネット支店では、2016年の初頭まで、1年ものの定期預金の金利が0.4%ほどでしたが、現在は高くても0.25~0.3%になっています。メガバンクでは、同じく0.01%ほどです。


 また、最近、モノの値段が上がったという実感はないでしょうか。「原材料高騰のため値上げします」という表示も見かけますし、「値段は変わらないけれど、容量が減ったな」と感じるものもあります。政府がデフレ脱却に向けて動いている以上、今後も「物価高」になっていく心づもりをしておく必要があるでしょう。

 銀行にお金を預けても利子がほとんどつかない上、物価はさらに上がっていきそうだ。そんなニュースを耳にすると、「こんな時代に生まれて損だなぁ……」なんて思う人もいるかもしれません。

 しかし、そう思っていても仕方ないので、私たちが今できることに目を向けてみましょう。今回は、マイナス金利時代にビジネスパーソンが押さえておきたい3つのポイントを紹介します。

(1)出費の「要・不要」を見極める


「なんだ、そんな当たり前のこと?」と感じるかもしれませんが、自分の出費について、「要・不要」をじっくり見直してみたことは、あまりないのではないでしょうか。

 普段、何気なくお金を使っているなかに、実は「不要」がたくさん潜んでいるはずです。もし、月に800円ちょっとの支出を減らすことができれば、1年間で約1万円のお金が浮きます。月8000円なら、1年間で約10万円にもなるのです。

 定期預金の金利に置き換えてみると、1年間で10万円を得るには、金利が1.0%だったとしても、1000万円も預ける必要があります(税引前)。銀行の金利について、「高い・低い」などと目が向きがちですが、実は無駄な出費を減らすだけで(元は自分のお金ではありますが)年間で考えると大きなプラスになります。

「不要」な出費を減らすことで、「必要」なところにお金を使えるようになります。これを機に、自分のお金をどうやって振り分けるべきか、あらためて考えてみましょう。