NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

過酷な夏の病気や体調不良、熱い風呂&食事で劇的に解消できる!風邪、だるさ、下痢…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 夏は暑いがゆえに、人間の体には、基礎代謝を落として熱産出をなるべく少なくするようなメカニズムがある。それでも暑いので、冷や奴、ビール、冷や麦、冷やしソーメン、ところてん、カキ氷、アイスクリーム、スイカ、キュウリ、トマトなど、体を冷やす食物をたくさん摂って暑さをしのぐ、という生活の知恵を身につけてきた。


 しかし、このくらいのことでは暑さをしのげないので、大量の発汗をし、その汗が蒸発するときに必要な「気化熱」を体から奪って、体を冷やしていた。

 約40年前から日本に普及してきた冷房は、今や各家庭、オフィス、学校、バスや電車など至るところに設置され、真夏の我々の体を冷やしてくれるのはよいが、その結果、冷え(低体温)を招き、また発汗を妨げることで起こる体内の水分貯留(むくみ)という副作用をもたらす結果になった。

 日常の診療で気づくことは、夏は冬より「冷え」による症状を訴えて来院される患者さんが多いことだ。

 この代表的な症状や病気は、

(1)夏風邪を引く。しかも、長引く傾向にある。
(2)お腹(胃腸)を冷やすことにより、胃腸の働きが低下し、食欲不振、下痢、便秘が起こる。
(3)冷えて血管が収縮して血行が悪くなることによって、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、血圧上昇が起こる。
(4)発汗が十分ではないため、体内に余分な水分がたまり、むくみや水太り(夏の体重増加)が起こる。
(5)体内に余分な水分がたまると、1日中雨の中にいるようなもので、「体がだるい、重い」「気分が冴えない」という症状も起こりやすい。
(6)夏(7~8月)に脳血栓が起こりやすい。原因は「冷房による体の冷やしすぎ」だと考えられる。

 脳血栓(梗塞)は、12~2月の冬と7~8月に発症しやすい。「7~8月は暑いので、汗をかくので血液中の水分が不足して血液がドロドロになるから」というのが、現代医学の見解だ。

 しかし、冷房がなかった40年前までの日本人は、夏になると、今の人たちの10~20倍もの量の汗をかいていたものだが、脳梗塞、心筋梗塞など「血栓症」にかかる人はほとんどいなかった。

「水を冷やすと氷」「食物を冷凍庫に入れると硬くなる」ように、宇宙の物体は冷やすと硬くなる。一方、36.5℃前後とされる体温がある「温かい血管内」で、血液が固まり、血栓ができるのは、冷房により冷やされるからと考えたほうが、納得がいく。