NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

韓国大統領選、反日候補当選で日本に「悪夢」…日米韓のアジア安全保障体制崩壊へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国大統領候補の文在寅氏(YONHAP NEWS/アフロ)

 韓国前大統領朴槿恵(パク・クネ)容疑者の罷免に伴う5月の大統領選に向け、最大野党「共に民主党」は3日、大統領の公認候補に文在寅(ムン・ジェイン)前代表を選出。文氏がこの余勢を駆って、そのまま本選を勝利して大統領に就任すれば、厳しい対日姿勢が売りだけに、日本にとっては悪夢となる。また北朝鮮との融和政策を強調しており、日米にとって安全保障上、極めて憂慮すべき事態が現実化する可能性が強い。

 一方、中道系の野党第2党「国民の党」も4日、公認候補に安哲秀(アン・チョルス)前共同代表を選んだ。今回の大統領選では朴氏の逮捕による保守系政党は振るわず、文氏1強の構図が強まるなか、「反文」勢力の軸として安氏の支持率が急上昇。両氏の一騎打ちを想定した最近の世論調査によると、「接戦」もしくは「安氏がわずかに優勢」との結果も報じられている。

 このようななかで、前回の2012年の大統領選同様、カギを握るのは若者の動向とみられているが、既存の政治家としてのイメージが強い文氏よりも、「韓国のビル・ゲイツ」との異名で、清新なイメージが強い安氏に若者層が肩入れするとの見方も出ており、選挙戦は終盤までもつれ込むことも予想される。

 文氏は選出後の演説で「不公正や腐敗など、国民を失望させたあらゆる旧弊を完全に清算する」と述べるなど、朴政権からの政策転換を声高に主張した。文氏は友人による国政介入疑惑によって韓国が揺れ動くなかで、反朴の姿勢を鮮明にして、韓国で2代9年続いた保守政権批判の風に乗り、支持を集めた。

2有力候補、外交姿勢は対照的


 文氏は最大野党の大統領候補に公認されたことで、いまや「最も次期大統領に近い人物」とみなされているが、その政治姿勢は極めて革新的だ。

 そのひとつが対北朝鮮外交で、「金正恩労働党委員長は北朝鮮の指導者であり、対話の相手として認めなければならない」「当選したらまず平壌に行く」などと公言してはばからず、対北融和的な路線をとる。

 かりに、文氏が大統領に就任すれば、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備も白紙に戻る可能性も出てくる。そうなれば、トランプ大統領の対北対決姿勢と対立するだけに、米韓関係が緊張することも考えられる。日米韓3国の安全保障体制が崩れ、北東アジア情勢が混乱することは必至だ。

韓国大統領選、反日候補当選で日本に「悪夢」…日米韓のアジア安全保障体制崩壊へのページです。ビジネスジャーナルは、連載、慰安婦問題朴槿恵元大統領韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!