NEW

羽田&成田空港は究極のレジャースポット!有名チェーン限定メニュー、あの人気店も行列なし

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 空港――それは言うまでもなく、国内外へと飛行機が発着する場所であり、旅行や出張で利用した経験のある方も多いだろう。ゴールデンウィーク(GW)などの大型連休ともなれば、人々の賑わいはピークとなる。

 そんなターミナル内を散策したことがある方はご存じだろうが、主要都市の国際線が発着する空港はとにかく広い。そして、お土産や旅行用品はもちろん、ありとあらゆる専門店や飲食店が立ち並んでいる。搭乗手続きが始まるまでの時間潰し程度では、到底回りきれないくらいに充実した施設なのだ。

 筆者は今回、ショッピングやグルメだけを目当てに2つの空港を訪問してみた。飛行機に乗ってどこか遠方に行くわけではない。あくまで空港という施設の探索を目的として訪れた。

 果たして、空港にはGWに家族で足を運ぶ“レジャースポット”としての価値はあるのだろうか。あるいは、仕事帰りや休日にふらっと遊びに行くのが適当なのか。その検証結果をレポートしよう。

京都土産を東京で購入できる


 まずは平日の仕事終わりに、東京国際空港(羽田空港)へ向かった。浜松町駅から東京モノレールに乗って羽田空港第1ビル駅で下車すると、そこは第1ターミナルのB1階だった。南口を出るや「よーじや 羽田空港店」という店舗が目に飛び込んできた。

 美容に関心のない筆者でも、「よーじや」のあぶらとり紙が京都でもっとも有名な土産の定番であることは心得ている。京都に4月初旬に旅行に行ってきた際にも、「あぶらとり紙 さくら」という季節限定商品を知人向けに買って帰ったほどだ。



 そのよーじやが東京でも店舗展開しているとは知らなかったため、羽田空港店にも物珍しさから立ち寄ってみることにした。空港限定の「あぶらとり紙 アロエ」のほか、母の日が近いということもあり、ハンドクリームや丸手鏡などが巾着に入った「2017母の日限定セット」も売られていた。女性店員から「美容に気を遣うお母さまでしたらぜひ」とオススメされたため、この限定セットをつい購入してしまった。

 それからエスカレーターに乗って、3階の某飲食店へ向かったのだが、その途中で「東京食賓館」というお土産屋に立ち寄ったが、平日夜で閉店間際ということもあってか客入りはスカスカで、快適に見て回れた。大賑わいだったのは、やはり東京土産の一番人気ともいわれる「東京ばな奈」だ。

羽田&成田空港は究極のレジャースポット!有名チェーン限定メニュー、あの人気店も行列なしのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、グルメ成田国際空港羽田空港の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!