NEW

『君の名は。』誰も説明できない公開初週異常ヒットの謎…隠れた『シン・ゴジラ』効果?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『君の名は。』公式サイトより
 映画会社の東宝は自社公開の『シン・ゴジラ』や『君の名は。』の大ヒットもあり、2017年2月期連結決算の最終利益が前期比28.7%増の333億円と、過去最高益を達成した。このことからも、昨年は邦画の当たり年だったということがわかる。


 そこで、昨年に高い興行成績を記録した“あの邦画”は、なぜヒットしたのか、前回5月5日付当サイト記事『非傑作「君の名は。」、なぜベタなご都合主義的でも「おもしろい」と受け取られた?』に引き続き、映画業界関係者4人に自由勝手に語ってもらった。

プロデューサー川村元気氏の影響


――昨年の映画界の主役といえば、興行収入240億円を突破し、邦画歴代興行収入では『千と千尋の神隠し』に次ぐ2位となった『君の名は。』が挙げられると思います。できることなら同作のようにエンタメ性に富んだメジャー作品を手がけたいと思っている監督は多いはずですが、よりによってクセの強い作風で知られた新海誠監督が、なぜそれをできたのででしょうか。

C 前作の『言の葉の庭』(13年)から東宝と一緒にやるようになって、14年のZ会のCMで組んだ田中将賀氏をキャラクターデザインに起用し、プロデューサーがヒットメーカーの川村元気氏。この布陣は、ヒットしたひとつの大きな要素ですね。いろんなところで指摘されている点ですが。

B 確かに絵柄がポップになったのは大きい。主人公の三葉はすごくかわいいし、僕もすごくそこにひかれた(笑)。それと、今までの新海作品はすごくクセがあったんだけど、新海監督自身は一般に受け入れられたいっていう意識は、以前からすごく強かったみたいね。そういう意味では、川村さんがついたのは新海監督にすれば追い風だった。

C 川村さんは『電車男』(05年)だったり『モテキ』(11年)だったり、サブカルをエンタメ化するのが得意なんでしょう。

A RHYMESTER(ライムスター)の宇多丸も「プロデュースの勝利」って言ってたよ。

D でも、個人的には川村さんがかかわるって知った時点で、興行的に失敗するという意味ではなくて、「この映画はダメだな」って思いました。細田守監督もあの人がかかわり始めた『おおかみこどもの雨と雪』からおかしくなっちゃったし。元からのファンが求める毒みたいなのが抜けて、興行寄りになっちゃうんです。インディーズ映画がハリウッド映画になっちゃったみたいな。

『君の名は。』誰も説明できない公開初週異常ヒットの謎…隠れた『シン・ゴジラ』効果?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、シン・ゴジラジブリ君の名は。の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事