NEW

韓国、米国の犠牲になることを決断で中国から報復も…韓国人が見抜いた「ニセ保守」の正体

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の星州に配備されたTHAAD(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
 6月8日付記事『韓国「反日」新政権、日本と強固な友好関係構築へ…北朝鮮による核攻撃はあり得ない』では、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権をめぐる従軍慰安婦問題の「日韓合意」や高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)配備の是非について、韓国・世宗大学教養学部教授の保坂祐二氏の話をお伝えした。


 保坂氏は2003年に日本から韓国に帰化した日系韓国人であり、文陣営の一翼を担うとともに「文大統領のブレーン」「対日政策のキーマン」ともいわれる人物だ。

 後編では、THAADをめぐる韓米関係や支持率82%を誇る文大統領の気さくな素顔について、さらに保坂氏の話をお伝えする。

THAAD配備で韓国はアメリカの犠牲になる?


 まず、アメリカによる韓国へのTHAAD配備については「朴槿恵(パク・クネ)前大統領の負の遺産であり、韓国がアメリカの犠牲になるという危惧がある」と保坂氏は語る。

「THAADは、韓国南部の星州(ソンジュ)にあるロッテのゴルフ場に国有地と交換するかたちで配備されました。そこからソウルまでは、約300kmあります。THAADの迎撃範囲能力は200kmなので、ソウルを守ることができません。一方、平沢(ピョンテク)にある米軍の烏山(オサン)空軍基地が約200km。そのため、『THAAD配備は米軍を守るためではないか』とも言われています。また、THAADの目的は迎撃よりもレーダーによる監視という見方も強いです。

 そうした懸念は、韓国国防省からも出ていました。朴槿恵さんは深く考えない人なので、はじめは中国一辺倒だった外交姿勢が急にアメリカ一辺倒になりました。それに対して、『中国からの報復があるかもしれない』とわかっていながら、一切の対策を立てなかった。外交能力がゼロだったとしか言えません。

『“独島・竹島”の日韓史』(論創社/保坂祐二)
 韓国の利益を守りながらアメリカの利益にも寄与するというのが、外交です。しかし、朴政権は韓国がアメリカのために犠牲になるということを承諾してしまったも同然です。そのため、多くの韓国国民は納得しない。そういう事情もあって、朴政権はメチャクチャになってしまったのです。

 大統領選挙で、そうした朴政権に対する批判を口にしていたのは、『国民の党』の安哲秀(アン・チョルス)さんでした。しかし、『THAAD配備に反対』というのが同党の方針だったのですが、保守派の票を得たいがために、討論のなかで『THAADは配備しなければならない』と主張を変えてしまったのです。

 一時期、安さんは文大統領と同程度の約40%の支持率があったのですが、この一件で『一貫した哲学がない』ということで支持率を落としていきました。一方、文大統領は『政権発足後の国会で、きちんと討議し直す』ということで、はじめから終わりまで一貫していたのです」(保坂氏)

 ちなみに、アメリカのドナルド・トランプ大統領は「THAAD配備のための10億ドルは、韓国が負担すべきだ」と発言している。

『“独島・竹島”の日韓史』

日韓友好の長年の課題の一つとして避けて通ることのできない領土問題。日韓比較政治・比較文化研究家である著者が、19世紀中頃までの日韓の歴史を照らし合わせ韓国側の主張を提示する。

amazon_associate_logo.jpg

韓国、米国の犠牲になることを決断で中国から報復も…韓国人が見抜いた「ニセ保守」の正体のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、THAADアメリカ文在寅韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!