NEW
浜田和幸「日本人のサバイバルのために」

米国、「精神と肉体を20歳若返らせる」が普及…「変死大国」日本、長寿大国との幻想

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 日本は、世界に冠たる長寿大国である。確かに日本人の平均寿命は年々延び続け、厚生労働省の最新データによれば女性は87.05歳で、男性も80.79歳。アイスランドや香港と競っているというが、人口の規模で比較すれば、日本が長寿に関しては世界第1位であることは疑いようがない。世界から注目を集めており、その秘密を探ろうと、各国の医療関係者やジャーナリストが沖縄など日本各地に押し掛けている。

 実に喜ばしい限りであるが、この種のランキングには常に落とし穴も隠されている。それは平均値の恐ろしさということでもある。100歳を超えても元気な高齢者がいる一方で、40代、50代で過労死やストレス死に襲われる日本人も増えている。個人差の大きさにも注目する必要があることはいうまでもない。

 また、見過ごされがちだが、日本では自殺者も決して少なくはない。毎年3万人近くが自ら命を絶っている。しかも、変死者の数は15万人に達するというから驚く。国際機関では変死者の半分を自殺とカウントするが、日本ではそうしていない。もし、世界基準に合わせれば、「日本の毎年の自殺者は10万人を超える」ことになり、世界有数の「自殺大国」となってしまう。長寿大国のイメージを守るために、統計上の操作が行われているといっても過言ではない。

 さらにいえば、100歳以上の人口について日米で比較をしてみると意外な結果が見えてくる。日本は6万人ほどの「百寿者」と呼ばれる人々がいる。現在のペースで行けば、10万人の大台に乗るのは時間の問題だろう。一方、アメリカには15万人ほどの「センテナリアンズ(100歳以上の人)」が健在している。こちらも増え続けているようだ。

 人口比で言えば日本はアメリカの約半分。とすれば、アメリカの百寿者が12万人程度であれば辻褄が合うはず。ところが、実際には大きく上回っている。言い換えれば、100歳以上の高齢者に限れば、なんとアメリカのほうが日本より長寿大国というわけだ。

 アメリカといえばファーストフードの普及がすさまじく、脂肪分の取りすぎで肥満や糖尿病に苦しむ人々が多い。ところが、意外にも人口比で見れば日本より100歳以上の高齢者がはるかに多いのはなぜだろうか。また、それ以上に注目すべきは現役で活躍中の高齢者の数はアメリカの方が圧倒的に多い点である。この社会的な違いはどこから生じているのだろうか。

米国、「精神と肉体を20歳若返らせる」が普及…「変死大国」日本、長寿大国との幻想のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アンチ・エイジング老化若返りの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!