NEW

宝くじで1億円当たった人の末路、子供を作らなかった人の末路

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社/鈴木信行)。


 こんな刺激的なタイトルの本が話題を呼んでいる。注目されているのはタイトルだけではなく、「読めば他者の人生の仮想体験ができる」という点だ。

宝くじで1億円当たった人の末路」と「人生の仮想体験ができる」に、どのような関係があるのか。その意味は、ページをめくっていくとすぐに理解することができた。なにはともあれ、著者で「日経ビジネス」副編集長の鈴木信行氏に話を聞いた。

「宝くじで1億円当たった人の末路」とは?


「宝くじで1億円を当てる」――これは、誰もが一度は夢見ることに違いない。しかし、実際に当選した人がその後どんな人生を送ったのかは、気になるものの調べようがない。そんな興味を解決してくれたのが本書……と思うことだろう。

 ところが、発売されると、話題を呼んだ一方で「タイトルに騙された」「実際に宝くじで1億円当たった人を追跡調査したのかと思った」など、さまざまな声が寄せられた。そのため、出版時には異例の措置が取られたという。

「ウェブ上に本書のための専用ページをつくりました。そのページで、本書では『宝くじで1億円当たった人の末路』だけではなく、『事故物件を借りた人』『8時間以上寝る人』など、『いろいろなパターンの末路を紹介していますよ』ということをQ&A形式で細かく説明しています。本書を買う前にこのページを見てもらえば、どんな内容の本なのかをわかっていただけると思います」(鈴木氏)

『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社/鈴木信行)
 そう、この説明でわかるように、本書は宝くじの話で始まるものの、宝くじに当選してその結果不幸になった人が登場する本ではない。「バックパッカーの末路」「電車の『中ほど』まで行かない人の末路」などなど、世間から“変わり者”と見られる選択をした場合、その人の人生が最終的にどうなっていくのか……。それを各分野の専門家に取材することで検証・推測する内容となっているのだ。

 たとえば、タイトルにある「宝くじ」のケースでは、マネーフォワード取締役の瀧俊雄氏に話を聞き、「家族内・親族内トラブル」の可能性に触れたり「宝くじで得た資金で事業を始めるなんて最もハイリスクな選択」という提言を受けたりしたほか、結論として「宝くじを買う度胸があるなら、ルンバを作れ」とある。

 実際に本書を読んだ読者からは、大きな反響が寄せられたという。

「意外だったのは、『子供に読ませたい』という親御さんが多かったことです。本書を読むことで『人生の仮想体験ができる』というのです。そういう読み方をされる狙いはなかったので、驚いた半面うれしかったです」(同)

なぜバックパッカーは決して後悔しないのか


 人間なら誰でも「新しい挑戦をしたい」と思っても、最初の一歩を踏み出すには勇気がいる。失敗を恐れて何もできずに終わることもよくある。

『宝くじで1億円当たった人の末路』

「友達がゼロの人」「子供を作らなかった人」「家を買わなかった人」……普通の会社員が下した選択を待ち受ける、23の末路。みんなとは違うけど、読み進むほど心が軽くなる!

amazon_associate_logo.jpg

宝くじで1億円当たった人の末路、子供を作らなかった人の末路のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、バックパッカー人生友達子ども宝くじの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!