NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

東京・白山は、やばい街だ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽のない街


 白山というと都営地下鉄三田線の駅であり、水道橋から2駅目ということもあって、都心とはいえ、住んでいる人、通勤通学で通う人以外はあまり行かない駅かもしれない。だが戦前は花街として栄えたところなのだ。

 地理的には、東側を本郷西片、向丘、本駒込といった丘の上の高級住宅地から下ってきた低地である。低地なのに白山という地名なのは、白山神社があるからだ。白山三丁目には小石川植物園があるが、植物園の西側が小石川という川の暗渠である。豊島区の長崎方面を源流とする谷端川(やばたがわ)が池袋あたりを蛇行して大塚の三業地を経て、南下すると小石川と名を変える。

 そして小石川後楽園や東京ドームあたりを流れて神田川に合流する。江戸時代の初期にはこの小石川まで入江だったという。この小石川沿いは工場地帯であり、印刷工場などが多かった。徳永直の小説『太陽のない街』もこのあたりの印刷工場が舞台である。

 なお、東京ドームは30年ほど前までは後楽園球場、戦後は隣に遊園地としての後楽園が追加されていたが、1937年に球場が出来る前は陸軍砲兵工廠(こうしょう)であり、その前は水戸藩の上屋敷だった。

大正時代の白山三業地地図(『白山三業沿革史』より)

やばい街だった白山


 さて、この白山の1丁目、本郷から下ったあたりに、かつてかなり名を馳せた三業地があった。明治時代、しだいに商店が建ち始め、日清戦争(1894年)の頃になると、前述した砲兵工廠の工員たちがたくさん行き来するようになり、住宅も増え、夜には露店が現れ、新開地として栄えていったのだ。また百軒長屋と呼ばれるような貧乏長屋もたくさんあったという。

 さらに日露戦争(1904年)の頃から、銘酒屋(めいしや)や揚弓場(ようきゅうじょう)がたくさんできるようになる。銘酒屋とは酒を飲ませる店でありながら、酌婦がいて、そのまま店に上がって性的サービスをする店である。揚弓場とは弓矢で的に当てて遊ぶ場所だが、これも店に女性がいて、やはりサービスをするのである。揚弓場は矢場(やば)ともいい、「やばい」という言葉はこの矢場から生まれた。

 要するに白山は夜の歓楽街になっていったのである。樋口一葉の「にごりえ」はこの白山の銘酒屋をモデルにしている。一葉も一時期白山に住んでいたのである。

東京・白山は、やばい街だのページです。ビジネスジャーナルは、連載、五反田白山三業地都営地下鉄三田線の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事