NEW

死人を蘇らせる研究…天才マッドサイエンティストが確立した(?)蘇生法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコ浣腸と溺死体の蘇生


 新大陸からもたらされたタバコは当初、西洋人にとっては魔法の薬であった。北米インディアンがタバコを神聖なものとみなし、宗教的な儀式や薬用にタバコを多用していたのを目にしたからである。ヨーロッパの医療従事者らは、まずはタバコの煙で風邪や睡魔と戦い、その後、さまざまな用途に応用していくことになった。

 たとえば、タバコ浣腸は排便を促し、腹痛に効果があるとしてインディアンによって行われてきた治療法であったが、ヨーロッパの医師らはそれを溺れた者の蘇生やヘルニア症状の緩和にも有効なことに気づいて推奨した。そのため、専用の器具も発達し、19世紀初め頃まで普及していったのである。

タバコ浣腸に使われた器具

 溺れて死の淵に立つ者に対して、まずは樽の上に乗せて揺らすことが行われた。また、ふいごを使って口の中に空気を送り込むことも行われた。だが、それでも意識を取り戻さない場合には、タバコ浣腸が利用されることになった。具体的には、患者をうつ伏せに寝かせ、肛門に器具を差し込み、直腸に向けてタバコの煙を送り込んだのである。


 当時の医療従事者にとって、仮死状態にある患者への適切な治療とは、温めることと刺激を与えることだった。タバコは体を温める効果があると考えられてきたため、タバコ浣腸はその両方に応えうるものとみなされ、普及していったといえるだろう。

 だが、19世紀の初め頃、タバコの煙に含まれるニコチンが血行を阻害する毒性を持つことが発見され、タバコ浣腸は衰退していくことになった。
 
 記録によれば、タバコ浣腸には一定の効果が得られていたとされている。確かに、タバコ浣腸は、腸内で有毒なアミン等の発生原因となりうる腐敗便(消化不良残渣)を早期に排泄させることに役立つと同時に、いくらかの殺菌効果が得られた可能性はあるかもしれない。だが、腸内での異変とは無関係と思われる「溺れた者」に対する効果は、「刺激」以外に説明は難しそうである。

溺死動物の蘇生

 
 溺れた者がタバコ浣腸で蘇生したとされるケースにおいては、あくまでも仮死状態にあり、本当に死に至っていたとは考えられない。だが、臨床的に死を確認した動物を蘇生させていたとするケースがいくらかある。ただし、その蘇生に利用された方法はタバコ浣腸ではなく、さらに謎に満ちた方法であった。

死人を蘇らせる研究…天才マッドサイエンティストが確立した(?)蘇生法のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、タバコ浣腸ロバート・E・コーニッシュ博士蘇生法の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事