NEW

貧困ヤクザ、社会問題化…スーパーで万引き、日本各地でナマコ密漁、幼なじみ恐喝

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作家の宮崎学さん
 暴力団の排除が進むなか、正業に就けなくなったヤクザたちが生活の困窮ゆえに今までとは異なった犯罪に走っているという。


 NHKの報道番組『クローズアップ現代+』などは彼らを「貧困暴力団」と呼び、「なんでもアリの危険な集団」と評している。今、ヤクザ社会で何が起きているのか。アウトローに詳しい作家の宮崎学さんに聞いた。

末端のヤクザも潤っていたのはバブル期まで


「組の運転資金が乏しく、金が必要だった」

 昨年6月、窃盗罪で起訴された神戸山口組傘下組織の組長の子分は、警察にこう明かした(2017年7月11日付朝日新聞電子版)。報道によると、この組長は組の資金不足を補うために、子分に指示してスーパーマーケットで米やスイカなどの食品や日用品を盗んでいた。

 この事件は「ヤクザが万引きするほど困窮している」と話題になったが、ここ数年は「キセル乗車」や生活保護の不正受給など、「ヤクザらしくない」事件も相次いでいる。

 同日付の朝日新聞では、幼なじみに「後援会費名目」で食肉を高値で買わせようとした組員の恐喝未遂事件も合わせて報じられている。

「今どきのヤクザの生活が苦しいのは事実でしょう。銀行口座も持てず、建設業やサービス業など、これまで就けていた仕事からも締め出されているのですから。でも、そもそも裕福なヤクザというのは、それほど多くはないのです」

 宮崎さんはこう説明する。

「そもそも、ヤクザという生き方に定義はありません。(ヤクザの源流とされる)江戸時代の幡随院長兵衛のような町奴(まちやっこ)から、ヤクザ映画のヤクザ、山口組初代組長・山口春吉のような港湾荷役労働者の親分、そして経済ヤクザまで、『ヤクザ』とは呼ばれていても、そのあり方はさまざまです。共通点があるとすれば『任俠』ということになりますが、今は食っていくために『任俠』もないがしろにされているのが実情だと思います。もはや、カッコつけてはいられないのでしょう」(宮崎さん)

「任俠」とは、「弱い者を助け、強い者をくじき、義のためには命を惜しまないという気風。おとこぎ。おとこだて」と定義される(電子版三省堂 大辞林)。

「街の治安を守るのは、地元のヤクザの務めでした。もっとも、誰かに優しくしたいというよりは自分と組織の利権を守るためですが、それでも結果として街を安定させていて、頼られる存在だったのです。だから、顔役の親分衆にはそれなりにカネも入ってきていたでしょうが、そうでない者たちは決して裕福ではありませんでした」(同)

 ヤクザというのは、世間の印象ほどリッチではないようだ。

「末端までカネが回っていたのは、1980年代の不動産バブルの前後の時期ですね。当時は、20代の組員でも財布に100万円くらいは入っていました。でも、逆にいえばその頃だけです。ほかの時代は、大半のヤクザはカネがなかったですね」(同)

 宮崎さんによれば、そうした事情はヤクザ映画からも見て取れるという。

「たとえば、高倉健さんは着流し姿で、菅原文太さんはポロシャツにスラックス程度です。あるいは、渥美清さん演じる寅さんはダボシャツに腹巻き。いずれも、それほどカネがあるようには見えません。それが普通でした。大金を動かせる経済ヤクザは、それほど多くはないのです」(同)

『暴力団追放を疑え』

峻烈さを増す暴力団排除の動き。今や銀行口座開設、不動産契約からも、暴力団関係者は除外されつつある。しかし、ヤクザの実態が正しく伝わらないなかで、異論を挟むことも許さない排除運動は何をもたらすのだろうか? アウトロー史観ともいうべき独自の視点を持つ著者が、近年の暴力団追放の風潮の裏に潜む、警察利権の問題、管理型社会の進行に警鐘を鳴らす。

amazon_associate_logo.jpg

『あえて暴力団排除に反対する』

2011年、全都道府県で暴力団排除条例が施行された。この法令により、銀行や郵便局の口座が作れない、子どもが差別されるなどの問題が起きている。危機感を共有する表現者、法曹関係者たちが暴力団排除条例に異議を唱える。

amazon_associate_logo.jpg

貧困ヤクザ、社会問題化…スーパーで万引き、日本各地でナマコ密漁、幼なじみ恐喝のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ヤクザ暴力団犯罪貧困の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事