NEW

JRA引退から1年半、藤田伸二氏が地方で「現役復帰」報道に衝撃! ブログでの「過激発言」と騎手への未練?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA引退から1年半、藤田伸二氏が地方で「現役復帰」報道に衝撃! ブログでの「過激発言」と騎手への未練?の画像1


 2015年9月にJRA騎手を引退した"漢"藤田伸二氏が、地方・ホッカイドウ競馬で「騎手復帰」、つまりは再デビューを目指すことがわかった。

 JRA・G1を17勝、豪快な風貌とは裏腹にクリーンな騎乗を心掛け、フェアプレー賞を何度も受賞した名手にまさかの復帰報道だ。引退後はメルマガ配信や飲食店経営をしていたが、やはり騎手業への思いを抑えきれなかったということか。

 JRAではなく、地方競馬での復帰というのも珍しいが、藤田氏は2013年に「騎手の一分――競馬界の真実」(講談社現代新書)を発売し、現役騎手ながらJRAやエージェント制を公然と批判し、競馬界を憂いていた。JRAとしても当然ながら扱いづらい部分もある状況を考えれば、地方で再出発という点にも納得はできる。

 中央での騎手経験があっても、地方競馬の新規騎手免許試験を受験は必要で、8月に募集し、9月に筆記と実技からなる試験が行われ、最終的な合格が決まるのは11月というのが昨年の流れ。この流れでいくならば、藤田騎手の復帰は年末ということになる。

 繰り返すが、この復帰報道は本当に驚きだ。騎手業に未練はないという主旨の発言もしていただけに、まさかもう一度藤田氏の騎乗が見られる日がくるとは......。

JRA引退から1年半、藤田伸二氏が地方で「現役復帰」報道に衝撃! ブログでの「過激発言」と騎手への未練?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、地方競馬復帰藤田伸二の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!