NEW

天皇賞・春(G1)サトノクロニクル「ここが勝負」!? 本命不在の舞台に"準備万端"

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞・春(G1)サトノクロニクル「ここが勝負」!? 本命不在の舞台に準備万端の画像1

 29日に京都競馬場で開催される天皇賞・春(G1)。有力馬の1頭に挙げられていたクリンチャーの「鞍上」が、騎乗停止の武豊騎手から三浦皇成騎手に変更されるなど、始まる前から予想がつかない波乱の展開を見せている。不穏な気配が漂っている中、その間隙を縫う形で結果を残したいのが、サトノクロニクル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 昨年は皐月賞、日本ダービーへの出走は叶わなかったものの、秋にセントライト記念(G2)で3着と好走し、菊花賞(G1)の優先出走権を獲得。だが、クラシック最終戦に出走こそ果たしたものの、歴史的不良馬場に為す術なく10着と惨敗。苦い思い出となった。

 クラシックでは振るわなかったサトノクロニクルだが、古馬との初対決となった次走のチャレンジC(G3)では歴戦の猛者を相手に見事勝利。今年に入ってからもその勢いは止まらず、阪神大賞典(G2)では4コーナーから早めの仕掛けを見せ、勝ち馬レインボーラインに0.2秒差の2着と好走。"強い4歳世代"の一角を占める馬として徐々に認知され始めている。

「悪路だった菊花賞は度外視してもいいでしょう。それ以外の中長距離戦では、古馬に先着するなど実績を残していますし、確かな実力を持っていることはすでに証明されています。今回の天皇賞・春で結果を残すことができれば、これからの中長距離戦をリードする一頭に数えられるようになるのは間違いないでしょうね」(競馬誌ライター)

 陣営もサトノクロニクルには大きな期待をかけており、今回のレースに向けて気合は十分のようだ。

天皇賞・春(G1)サトノクロニクル「ここが勝負」!? 本命不在の舞台に"準備万端"のページです。GJは、競馬、サトノクロニクル天皇賞・春の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!