ラニ(牡4歳)

ラニ
生年月日
2013年2月22日
馬主
前田幸治
調教師
松永幹夫(栗東)
生産者
North Hills Co. Limited
近親馬
アウォーディー、アムールブリエ
主な勝鞍

2016 UAEダービー(G2)

関連する馬・騎手
血統
Tapit Pulpit A.P. Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Ruby Slippers
ヘヴンリーロマンス サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ファーストアクト Sadler's Wells
Arkadina
解説

史上初めて米国クラシックにフル参戦したパイオニア。なお、その気性は米クラシックに参戦した際、現地から「ゴジラ」と扱われるほど激しい模様。JRAが偉業を称えて、日本の競争だけでケンタッキーダービーの出走権が得られる『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』を設立。米クラシックへの道が大きく開かれた。

母が2005年を天皇賞・秋(G1)を制したヘヴンリーロマンス、父が米リーディングサイアーのTapitという日米合同のハイレベル配合。調教師の松永幹夫とこのファミリーは、師の騎手時代に母を天皇賞馬に導いてからの付き合い。主戦は武豊騎手が務める。

2歳9月に迎えたデビュー戦は芝の2000mで迎えたが、4着に敗退。決して悪くはないが、父が米国の種牡馬ということもあって本領を発揮したのはダートだった。未勝利戦とカトレア賞(500万下)を連勝する。だが、3歳初戦のヒヤシンスSで5着敗退した。

しかし、陣営は米クラシックの出走権を懸けて、UAEダービー(G2)に出走するためにドバイへ遠征。ラニがUAEダービーを勝ったことによって、その思いが結実し米クラシックへの扉が開かれた。

日本馬にとって1995年のスキーキャプテン以来となる21年ぶりのケンタッキーダービー参戦。9着に敗れたものの後方から見せ場を作ったラニは、続くプリークネスSで5着、最終戦のベルモントSでは3着と、確かな足跡を残した。なお、日本馬が米国三冠を完走したのは史上初めてである。

迎えた秋、ラニはブラジルC(OP)で復帰して3着。やはり日本のダートではイマイチな存在なのか。今後はチャンピオンズC(G1)が目標となる。