NEW

消費税増税は起業のチャンス!? 税理士が教える、起業のメリットとデメリット

【この記事のキーワード】, ,

■会社をつくるときの3つのデメリットとは?

 ここまではメリットの話。ですが、もちろん、メリットだけではありません。デメリットもあります。

(1)会社を運営するコストがアップする
(2)事業で儲けたお金(余剰金)を、個人で自由に使えない
(3)会社の登記や税金の申告など、手続きが個人事業より面倒になる

以上本書25ページより抜粋

 原さんいわく、デメリットはこの3つに集約されます。

 まず、一般的な株式会社をつくるとなると、登記費用として20万円程度がかかります。また、会社が引っ越しをしたり、役員が代わったりした場合も、登記費用が発生します。これらの手続きは司法書士などの専門家に任せることが多いのですが、その場合はさらに手数料が上乗せされてしまうのです。

 こうした背景があるため、どうしても個人事業ではあまり必要なかった会社の「維持費」が発生してしまいます。

 これらのメリットとデメリットは本書内で精査されており、具体的にどこまでは個人事業が向いていて、どこから会社にすべきかという線引きをしてくれます。税理士である原さんが書いているので、「節税」の方法もバッチリ。会社を設立するときの手続きのやり方、書類の書き方も具体的に教えてくれます。

 これから独立しようと思っている人は目を通しておきたい一冊です。
(新刊JP編集部)

関連記事

1日3時間で税理士試験に受かった主婦の勉強法
資格試験に受からない人に共通の勉強法
難関資格に短期間で、確実に受かる3つのコツ
失敗リスク高まった?最近の起業事情

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合