NEW

新社会人は要注意! 「とんでもございません」「取り急ぎ」……間違いがちなビジネスメール

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,

 まずダメな例は、「すみませんが、無理です」「申し訳ありませんが、ご協力できません」。前者は論外として、後者も丁寧な言葉づかいではあれ、かなりきつい印象を与える言い方である。

 このような場合、相手が自分に何か期待して声をかけてくれたことを考えれば、「断って申し訳ない」という気持ちが伝わるよう、「お役に立てそうにない」という言い回しを使うのがおすすめだ。

 さらに「本当は協力したかった」ということを強調したいのなら、「残念ながら今回はお役に立てそうにございません」とすれば、相手を不快にさせずに断ることができる。

 本書では他にも、相手の話がよく理解できないときに使うと便利なクッション言葉、先輩に対し差し出がましくなく、かつ丁寧な形で「手伝いましょうか」と伝える際の注意ポイントなど、「使える」情報が満載だ。

 4月から新社会人となる人はもちろん、敬語に少しでも不安があるなら、どの年代のビジネスパーソンにとっても学びのある一冊といえよう。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合