NEW

執行部すら成立させられなくなった民進党、内ゲバ&離党ドミノへ

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の民進党の行方

 さて、では民進党は今後、どうなっていくのだろうか。

 現段階では、後任を選ぶ代表選には、前原誠司衆議院議員と枝野幸男衆院議員が立候補する意向を表明しているようだが、ほかにも玉木雄一郎衆院議員や小西洋之参院議員、長妻昭衆院議員も立候補の意向を持っているとされている。

 前原・枝野両氏の一騎打ちになる可能性が高いとの報道もあるが、民進党の体質を踏まえれば、誰が選ばれてもひとつにまとまることはないだろう。また、機会を見つけては執行部批判が行われ、右往左往の迷走が始まるのは間違いない。そのタイミングとしては、ひとつは秋の臨時国会、もうひとつは10月22日に青森と愛媛で行われる衆院の補選が考えられる。前者については具体的な法案への対応をめぐって、後者については野党共闘や候補者の一本化をめぐってということが考えられる。

 それらを乗り切ったとしても、民進党への支持が大きく改善する可能性は極めて低く、さらなる執行部批判から離党、分裂といった方向に進む可能性が高いと考えられる。

 誰が後任の代表になっても、迷走の先に民進党の未来はないといえるだろう。
(文=室伏謙一/政策コンサルタント、室伏政策研究室代表)

執行部すら成立させられなくなった民進党、内ゲバ&離党ドミノへのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事