NEW

がん検診にAI導入が本格化か…病変の「がん化」を正確に予測、無駄な手術が不要に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能やバイオマーカーにPETなどの活用で新時代

 今回の研究結果を踏まえ、研究グループは「マンモグラフィの画像と病理標本のデータを機械学習モデルに組み込み、最終的には臨床に取り入れたい」との考えを示している。また、バール氏は「機械学習は、不要な手術を減らす点でも、患者に多くの情報を与えるという点でも、治療の向上に役立つツールである」と話している。

 一方、米ノーザン・ウェストチェスター病院のボニー・リトヴァック氏は、すべての女性に対して「がんリスクの低い病変の特定に役立つ機械学習の存在を知っておくべきである」と呼び掛けるとともに、「女性に多くのデータを提供し、意思決定を共有するのに役立つ人工知能は、楽しみな研究分野である」と付け加えている。

 この研究は、マンモグラフィ検査と生検のデータを基に人工知能が「高リスク病変」ががん化するかどうかの判定を判定するというものだが、最近の乳がん検査では、乳房超音波検査も行われるようになっている。

 マンモグラフィは、石灰化をつくるがんに対して有効性が高く、乳房超音波検査は、しこりをつくるがんに対して有効だといわれる。さらに、40歳未満では乳房超音波検査を、40代になったらマンモグラフィと乳房超音波検査を毎年交互に、50歳以降では年に一度マンモグラフィと乳房超音波検査の両方を受けるように推奨する専門医もいる。

 さらに、検査や治療でも大きな進歩が見られる。

 手術が不要な乳がんを判定するマーカー遺伝子の発見と臨床研究が進み、検査では乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)装置が登場し、うつぶせのまま痛みがなく検査ができるようになった。『10月1日から乳がん月間! 検診と治療の新時代の幕開けか?患者の5%が手術不要に!』

 将来的には、こうした乳房超音波検査、乳房専用PET、マンモグラフィ検査と生検など複合的なデータを解析するAIが登場し、乳がんの検査と治療は大きく変わっていきそうだ。
(文=ヘルスプレス編集部)

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

がん検診にAI導入が本格化か…病変の「がん化」を正確に予測、無駄な手術が不要にのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事