NEW
西澤真生「仕事がデキる人の栄養マネジメント」

食事で性格が変わる?判断に差が出る?衝撃の実験結果が波紋…

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 2017年は、みなさまにとってどのような年でしたか? 今年は「暴走」や「暴言」のニュースが目立った年でもありました。


 日頃、患者さんの病気を治すために食事の指導をしているのですが、食事を変えることで、健康になるばかりか、性格が明るく穏やかになるなどの副産物があります。自分自身も、「食事を変えてからイライラすることが少なくなった」という実感があり、食と性格の関係性には大変興味を持っています。

「暴言を吐く人やキレやすい人は、普段どんなものを食べているのかな」と思ったりもします。そんなときに、おもしろい論文を見つけました。「たんぱく質の比率が多い食事をした後には、不公平な提案に対して寛容になる傾向がある」という内容です。

 私は脳科学の専門ではないので、今回ご紹介する内容は、さまざまな研究のごくごく一部でしかありません。しかしながら、「食べるものによって判断が変わる」という実験結果がおもしろいと思ったので、お伝えします。

低糖質・高たんぱくの食事で寛容になる?


 これからお伝えする内容は、米国科学アカデミー紀要(PNAS)という有名な学術雑誌に載った論文からの抜粋です【※1】。

 人間の実際の行動は複雑なので、感情や判断について調べるのは非常に難しいです。ここでは、「最後通牒ゲーム」という手法が用いられています。2人がペアになり、「提案者」と「判断者」に分かれます。そして、提案者には高額の報酬の総額が提示され、提案者は任意の分配法を提案します。判断者は、その提案を受け入れるか拒否するかを判断します。

 判断者が拒否すると、2人とも報酬を1円も受け取ることができません。一方、提案を受け入れれば、分配に従って報酬を得ることができます。たとえば、提案者が「総額1万円を8000円と2000円に分配しますが、受け入れますか?」と提案し、判断者はそれを瞬時に判断するといった実験です。

 今回の実験では、提案者の顔がモニターに表示された後、「総額の提示」「分配の提案」「提案を受容するか拒否するか」の判断が秒単位で行われました。

 実験パート1では、朝食に対する指示はなく、11時から13時の間に上記のゲームと朝食内容の聞き取りをして解析しています。実験パート2では、8時45分に決められた食事を取ってもらい、12時15分にゲームを実施し、食事前からゲーム後にかけて決められたスケジュールに従って採血が行われました。

 また、最後通牒ゲーム以外にも複数の心理テストが実施されました(なお、パート2では男性のみが被検者になっています)。参考までに、食事内容を下記します(いずれも総カロリーは850kcal)。

【高糖質群(糖質/たんぱく質比が高い食事群)】
全粒粉パン88g、ハム20g、クリームチーズ5g、苺マーマレード30g、牛乳130ml、りんごジュース200ml、水110ml、バナナ225g、りんご225g

【高たんぱく質群(糖質/たんぱく質比が低い食事群)】
ひまわりの種のパン70g、全粒粉パン70g、ハム40g、クリームチーズ(商品名「Bresso」)30g、カマンベールチーズ40g、牛乳240ml、水200ml、ヨーグルト250ml、バナナ120g


食事で性格が変わる?判断に差が出る?衝撃の実験結果が波紋…のページです。ビジネスジャーナルは、連載、たんぱく質性格糖質食べ物食事の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事