NEW

日大、田中理事長の独裁体制を継続…内田前監督に警察捜査か、「コーチ12人組」の責任問題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本大学の田中英寿理事長(写真:毎日新聞社/アフロ)

 5月27日、吹田市の万博記念公園近くのアメリカンフットボール専用競技場で行われた「関関戦」という伝統の関西学院大学vs.関西大学の定期戦を観戦した。日本大学選手による悪質タックルの被害者、関学の主力選手でQBの奥野耕世選手(19)は、当初リードされていた試合に途中から投入されると、的確なパスを決めていき逆転につなげた。終盤に関大に詰められたが、38ヤードのタッチダウンパスを鮮やかに決めて突き放すと、スタンドからは大きな拍手が湧いた。

 勝利に大きく貢献した姿に、関学の鳥内秀晃監督は「練習できていなかったのに上出来」と称賛し、奥野選手は反則タックルをしてきた日大の宮川泰介選手(20)について、「アメフトをする資格がないと言ってたけど、違うと思う。また戦いたい」と相手を慮った。

 観戦していた奥野選手の父、奥野康俊氏(大阪市会議員)は「言葉にならないくらい感動した。涙が込み上げた」とのコメントを出した。この日、関学アメフト部は「選手の名前は構わないが、写真や映像では顔を出さないで」とメディアに強く要請した。奥野選手や家族に卑劣な脅迫があったからだ。

試合後、報道陣に答える関西学院大学の奥野耕世選手 5月27日 大阪府吹田市

宮川選手本人への聴取なしの回答書


 関学と奥野康俊氏は前日の26日、西宮市の大学内で会見した。会見場では記者の手荷物をチェックする物々しさ。奥野氏は宮川選手を除外しての被害届は警察に受理されないことを明かし、「被害届を出しながら、おかしいのですが」とし、宮川選手に重い罪を科さないよう嘆願書を準備していることを明かした。

「次の選挙には立候補せず、残りの人生をこの問題にかける」と語る奥野氏に筆者は、大学側との意見の相違はないかを問うと、「大学側は全面的に信頼できる」と語った。議員とはいえ、自分のことで父親が何度も表に出ることを息子が嫌がらないのかとも尋ねた。「(嫌がることは)ありましたが、未成年でもあり私が出させてもらっています」と答えた。実は早々に宮川選手は密かに奥野父子を訪れ、謝罪していた。「私たちの前で読み上げたメモは、後日の会見と同じだった。録音してもいいと言われ、信用できると思った」と奥野氏は振り返った。

関西学院大学の鳥内秀晃監督

 この日、関学は、内田前監督らの指示を否定する内容の日大側の再回答書を配り、鳥内監督と小野ディレクターが会見し、回答を「信用性がない、不誠実」とし、定期戦の中止などを発表した。回答書で驚くのは、宮川選手への聞き取りをせず、彼の発言については「記者会見によると」としていることだ。すべて自分の組織内の人間の発言なのに“他人任せ”。初めに結論ありきだからだろうが、勇気を出して真相をすべて語った宮川選手には、怖くて接触できないのではないか。

 野球やサッカーと違い、アメリカンフットボール部がある高校は少ない。たとえば強豪の京都大学は学業優秀でなければ入学できず、大学から始めたような素人を鍛え上げる。一方、日大は、アメフト部を持つ付属高校から上がってきた選手が多い。12人もいるコーチたちは、自分の育てた選手を使ってもらうべく必死になる。井上氏も、なんとしても大事な試合で高校から育てた宮川選手を使ってほしかった。そのため内田前監督の意を「忖度」し、手段を選ばなかった。

父親の奥野康俊さん

日大、田中理事長の独裁体制を継続…内田前監督に警察捜査か、「コーチ12人組」の責任問題のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、内田前監督日本大学選手田中英壽理事長の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事