NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

ツイッター・ブロック騒動の香山リカ氏、強い自己愛による「暗点化」の可能性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香山リカ氏のツイッター公式アカウントより

 精神科医の香山リカ氏が朝日新聞に寄稿し、「いちばん力を入れているのはSNSのツイッターにコメントをくれた人たちとのやり取りだ。もちろんすべてに目を通すことはできないが、特に『匿名』での『賛意ではなく批判(罵倒や誹謗中傷もある)』に応じるように心がけている」と述べた。それに対して、ツイッターでブロックされたと主張する人たちが「大ウソつき」「対話拒否の女王」などと批判している。

 もしもブロックされた人がそんなにたくさんいるのなら、「批判との対話続ける」という香山氏の主張と食い違う。ちなみに香山氏のツイッターアカウント上には「自動ブロックツールはやめたけどまだたくさんの人をブロックしたままなんで、手動で少しずつ解除してるんだ。ブロックされてるあなたもいつの日か必ず解除するんでお待ちください!」と記載されており、自分に批判的な人をブロックしている事実を認めているように見えるが、それが香山氏の記憶から抜け落ちているのではないかと疑いたくなる。そうだとすれば、自分がブロックしなかった人の許容範囲内の批判だけに対応しているにせよ、「批判に応じるように心がけている」と香山氏が認識しても不思議ではない。

 このように、自分が経験したにもかかわらず、不都合な事実や思い出したくない出来事が意識からすっぽり抜け落ちる現象を、フランスの神経学者、シャルコーは「暗点化(scotomisation)」と名づけた。

「暗点」とは視野の中の欠損部分であり、それによって見えない箇所が生じる。それと同様に意識野に「暗点」ができて、ある種の体験や出来事が全然なかったかのように認識するのが「暗点化」である。

「暗点化」は、その後「事実否認」のための防衛メカニズムの一種としてラカンやラフォルグなどのフランスの精神分析家によって用いられるようになった。自分にとって都合の悪いことや望ましくないことが意識にのぼってこないようにして、葛藤を避けるための無意識のメカニズムとみなされている。

 平たくいえば心穏やかに暮らすための自己防衛の手段だが、その自覚が本人にはない場合がほとんどだ。そのため、「不都合なことは忘れて、自己正当化している」「自分のやったことを忘れて、知らないふりをしている」などと批判されやすい。

ツイッター・ブロック騒動の香山リカ氏、強い自己愛による「暗点化」の可能性のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ツイッター精神科医香山リカの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事