NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシック音楽演奏者のオーケストラ就職が「あり得ないほど困難」な特殊事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 総務省統計局の発表によると、日本全国の全就業者数に占める外国人の割合が、「2009年の266人に1人」から、2017年は「74人に1人」となったそうです。伸び率は、10年足らずで3.6倍。確かに、今の日本では多くの外国人が仕事をしていると実感します。

 さて、僕の仕事場でもあるオーケストラ。日本の主要オーケストラ24団体のホームページで調べますと、現在合計45名前後の外国人奏者が演奏しています。オーケストラの楽団員数は各団体によって違いがありますが、平均70名として24団体で約1700名、つまり「37人に1人」が外国人となります。この数字を見ると、オーケストラの場合は、一般社会よりも外国人の割合が多いといえます。もちろん、オーケストラはヨーロッパで生まれたものですので、同じ楽器を演奏するという点で、外国人演奏家に対しての入り口の広さは一般企業とは比較になりませんが、どこのオーケストラに指揮をしにいっても、外国人の楽員がずいぶん増えてきたと実感します。

 それでも、潜在的には、もっと多くてもおかしくはないように思います。それには大きな理由があります。オーケストラには、一般の企業のように毎年、新入社員の募集があるわけではないのです。簡単にいいますと、「欠員が出れば、補充する」というかたちです。この点は、海外でも同じです。

 たとえば、僕が副指揮者をしていたアメリカのロサンゼルス・フィルは、アメリカでトップクラスのお金を持っているオーケストラです。ヴァイオリンの一般奏者でも、初任給で年収1000万円を優に超えるので、一人の団員が引退したためにオーディションがあるとなれば、何百人も押しかけて来ます。結構名前も知られたオーケストラの中堅団員であっても、生活レベルと活動水準を上げようとやってきます。そして、もし、その中堅奏者が職を得たとなれば、もともといたオーケストラに欠員が出ることとなるので、また多くの奏者が職を得ようと、そこへ押しかけるわけです。

 これは、僕がその後、首席指揮者を務めたフィンランドのオーケストラでも同様で、いろいろな国々からオーディションを受けに来ます。

 日本に話を戻すと、極端な例として、すべての日本のオーケストラに欠員が出ない年があったとすれば、その年、音楽大学を卒業した数千人の演奏家を含め、オーケストラに就職したいと考えている多くの演奏家にとっては、その年はオーケストラへの就職のチャンスはないということになります。なかでも、ハープやチューバのような、各オーケストラに1人しか必要のない楽器奏者は、もっと大変です。たとえば、若いハープ奏者が一旦入団すれば、引退するまでの約40年間は、いくら才能ある奏者であっても、もうそのオーケストラに入れないことになります。

 つまりは、「空きが出ないと募集がない」わけですから、どうしても日本のオーケストラの国際化は、“徐々に”という進度となります。しかし、そんななかでも、生き生きと演奏している外国人奏者を見ていると、今後はかなり早く進んでいくのではないかとも思います。

クラシック音楽演奏者のオーケストラ就職が「あり得ないほど困難」な特殊事情のページです。ビジネスジャーナルは、連載、オーケストラクラシック外国人就職の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事