NEW
「加谷珪一の知っとくエコノミー論」

テスラ、経営危機に…マスクCEOの精神状態がリスク要因、再建のため交代は不可避

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テスラCEOのイーロン・マスク氏(写真:AP/アフロ)

 米電気自動車大手テスラの経営問題がいよいよ深刻になっている。最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏はMBO(経営陣が参加する企業買収)によって非公開化する意向を示したものの、結局は撤回。同社からは資金流出が続くが、抜本的な対策は示されていない。このままでは安定的な経営ができない可能性が高く、CEOの交代など、思い切った措置を検討すべき時期が近づいている。

マスク氏は精神的に不安定になっている?

 
 同社に対して経営不安が囁かれ始めたのは、最新モデルの出荷が数度にわたって延期された2017年からである。最新の「モデル3」は2017年7月に量産を開始する予定だったが、スケジュールは遅れに遅れ、最終的には翌年6月までズレ込んでしまった。出荷が遅れた最大の理由は、ロボットをフル活用した最新の量産体制の構築がうまくいかなかったからである。

 マスク氏はよく知られているように、野心的な起業家で、とことんまで自身の理想を追求するタイプである。同氏はモデル3の量産に際して、究極的な自動生産ラインの構築を主張して譲らなかった。こうした彼のスタンスが量産の遅れを招いたわけだが、それでも市場の反応はポジティブだった。

 確かにマスク氏の経営スタンスは危うさと表裏一体だが、逆に言えば、これがテスラの魅力であり、イノベーションを継続するためには、アグレッシブな姿勢が必要との見方も多かったのである。一時下落していた株価も、量産開始のニュースによって息を吹き返し、市場はマスク氏が次の戦略をどのように打ち出すのか見守っていた。

 だが、この頃からマスク氏の言動には、少しずつ不安定さが目立つようになってきた。

 同氏は2018年5月に行われた会見で、アナリストに対する回答を拒否し、次の会見では謝罪に追い込まれるという失態を演じた。続いてマスク氏は8月、自身のツイッターに同社を非公開化する可能性があると突如、投稿。市場は大騒ぎとなった。

 マスク氏は非公開化について、「テスラを短期的な考え方から解放する」と説明しており、市場とは一旦距離を置く方針を示したかに見えた。

市場からは事実上のノー

 
 確かに、株式を非公開化すれば、短期的な株価の変動を気にすることなく経営に専念できるので、上場廃止はひとつの選択肢といってよい。だがテスラの時価総額は7兆円もあり、そう簡単にMBOを実施できる企業ではない。
 
 当初、マスク氏は資金のメドが立っていると発言しており、サウジアラビア政府のファンドが支援するという話も飛び出したが、結局、マスク氏はMBOの計画を撤回してしまった。
 
 その後、マスク氏は米紙とのインタビューで「過去1年は、最も苦痛な1年で耐え難いほどだった(一部略)」と苦しい心情について語ったり、夜なかなか眠れないことを告白するなど、精神的に追い詰められていることを思わせる発言を繰り返した。

 また、ネット配信番組に出演した際には、マリファナとみられる紙巻きタバコを勧められ、これを口にする場面が放映された。カリフォルニア州ではマリファナは合法だが、タイミングがタイミングだけに、上場企業の経営者として健全な精神状態なのか、疑問視する声が上がっている。

テスラ、経営危機に…マスクCEOの精神状態がリスク要因、再建のため交代は不可避のページです。ビジネスジャーナルは、連載、イーロン・マスクスペースXテスラの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事