NEW

話題沸騰のauケータイ「INFOBAR」復刻版は意外に「買い」? 機能絞り低料金

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INFOBAR xv(「au HP」より)

 auの携帯端末である「INFOBAR(インフォバー)」シリーズが、今年で15周年を迎える。そしてauブランドを展開するKDDIと沖縄セルラー電話は7月12日、15周年を記念した最新モデル「INFOBAR xv」を今秋発売すると発表した。

 INFOBARといえば、ハイセンスなデザイン性で高い人気を誇ったauの名作ケータイ。初代INFOBARのプロダクトデザイナーである深澤直人氏が引き続きデザインを担当しており、初代や2代目INFOBARを彷彿とさせる見た目ながら、メッセージアプリ「LINE」が使えるようになっていたりと、現代のシーンに合った機能を持ったケータイとなっている。かつて一世を風靡した機種が復刻するとあって、発表当日のネットは大いに盛り上がり、「欲しい」という声も広まっていた。
 
 とはいえ、今やスマホ全盛期である。気にはなっているが、多機能なスマホに勝るだけの魅力があるのだろうか、と躊躇してしまうのも当然であろう。

 そこで今回、INFOBAR xvはどのような機能がついているのか、そしてスマホ全盛の今、あえて持つだけの価値はあるのかなど、ケータイジャーナリストの石川温氏に聞いた。

機能は最低限、目指すところは「デジタルデトックス」


 現代的にリファインされたINFOBAR xvの機能とは、果たしてどのようなものだろうか。

「表向きに公表はされていませんが、INFOBAR xvはアンドロイドをベースにつくられています。そのためLINEや、大手3キャリアが今年の5月から提供を開始した『+メッセージ』というショートメッセージサービスを使用できるようになっています。また、LTE回線対応となっているため、『VoLTE(ボルテ)』というLTEを活用した最新の音声通信サービスにも対応しており、クリアな音質で快適に通話できるようになっています。iPhoneのSiriなどと同じような『スマホ音声アシスタント呼出機能』、スマホやゲーム機をWi-Fiに接続できる『テザリング機能』なども現代ならではの機能ですね。

 ただ、初代や2代目のINFOBARに近いデザインを追求した結果として、『おサイフケータイ』『ワンセグ』などの機能は削らざるを得なかったようです。また、いくらアンドロイドをベースにしているとはいえ、従来のスマホのようにさまざまなアプリを使用することもできません。全体的に見て、通話やメッセージといった、コミュニケーション機能に特化した端末となっている印象です」(石川氏)

 スマホ全盛期である今、なぜauはここまで機能を絞ったケータイをリリースしたのだろうか。

「確かにスマホは機能が豊富で便利ですが、それゆえにスマホが片時も手放せなくなる『スマホ依存症』に陥る方も少なくありません。INFOBAR xvの開発者の方は『デジタルデトックス』という言い方をされていますが、これだけスマホが普及した今だからこそ、あえて機能を絞ったケータイを提案したのでしょう。スマホに縛られない生活を送ってみてはどうか、と提案する意味合いも大きいようです」(同)

話題沸騰のauケータイ「INFOBAR」復刻版は意外に「買い」? 機能絞り低料金のページです。ビジネスジャーナルは、IT、auINFOBARスマホの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事