NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

学力の高い子ども、親の習慣や家庭環境に「共通の傾向」…文科省調査で判明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 文部科学省が小学6年生と中学3年生を対象に毎年実施している学力調査(全国学力・学習状況調査)の結果が先頃公開された。それに関連して、家庭環境が子どもの学力に与える影響に関するコメントが紹介されたりしたため、子育て中の保護者の方々からいろいろな問い合わせがあった。

 子育て中の親にとっては非常に気になる情報であるため、焦りから早とちりする方もおり、誤った情報が流通しているようなので、ここで正確な情報を整理しておきたい。

 ちょうど平成29年度に実施された学力調査の結果と、その対象となった小学6年生および中学3年生の子どもたちの保護者に対する調査の結果を関連づける調査報告書がある。それをもとに、家庭環境と子どもの学力の関係について、わかったことをみていきたい。

文化施設と子どもの学力

 

『その「英語」が子どもをダメにする』(榎本博明/青春新書INTELLIGENCE)
 家庭環境と子どもの学力の関係については、さまざまな傾向が明らかになったが、ここでまず注目したいのが、知的刺激が満ちている場に子どもと一緒に出かける親の行動である。たとえば、次のような行動である。

「子どもと一緒に美術館や劇場に行く」
「子どもと一緒に博物館や科学館に行く」
「子どもと一緒に図書館に行く」

 そして、このような文化施設に子どもを連れて行く行動を親が取っている場合ほど、子どもの学力が高いことが示されたのだ。

 美術館・劇場や博物館・科学館は、学力が高い層でも「ほとんど行かない」という親が3割程度いるが、「行ったことがない」という親は低学力層で2割を超え、高学力層の比率を大きく上回っている。

 図書館は、どの学力層の親も美術館・劇場や博物館・科学館よりも頻繁に子どもを連れて行っているようだが、子どもと一緒に「ほとんど行かない」「行ったことがない」という親の比率は、高学力層と低学力層で大きく差がついている。「ほとんど行かない」親は低学力層は高学力層の1.5倍以上、「行ったことがない」親は低学力層は高学力層の2.5倍程度となっている。「月に1回以上」という親は、逆に高学力層は低学力層の3倍近くになっている。

 こうしてみると、子どもたちは、小さい頃から親に連れられて図書館をはじめとする文化施設に出かけることで知的好奇心が刺激され、そうした経験の積み重ねがその後の学習意欲につながっていることが推察される。

家庭の蔵書数と子どもの学力

 
 家庭環境と子どもの学力の関係についての調査研究では、家庭の蔵書数と子どもの学力との間にも興味深い関係が見いだされている。つまり、蔵書数の多い家庭の子どもほど学力が高いのだ。

 この場合の蔵書数は、漫画や雑誌、教科書、参考書、子ども向けの本を除いたものとしている。家に、ここでいう本がどのくらいあっただろうかと不安になる人もいるかもしれない。子ども向けの本は買い与えるようにしていたが、自分はほとんど本を読まないから、蔵書といわれてもないに等しいという人もいるだろう。

 ただし、子ども向けの本に関しても、蔵書数が多い家庭の子どもほど学力が高いという傾向がみられる。ゆえに、子ども向けの本も加えて蔵書をざっと数えてみよう。

学力の高い子ども、親の習慣や家庭環境に「共通の傾向」…文科省調査で判明のページです。ビジネスジャーナルは、連載、図書館学力調査美術館の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事