NEW
西島基弘「食品の安全、その本当と嘘」

鍋などの調理器具や開封後の缶詰、そのまま保存は危険…金属の溶出で健康被害の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 近年、食品と金属の関係はあまり話題にされていませんが、中毒と思われるいくつかの問題が発生しています。

 金属による危害は、イタイイタイ病に代表されるような無機金属化合物が原因のものと、メチル水銀のような有機金属化合物に分類されます。一般に日常の食生活で身近な金属のなかで摂取する機会があり、過剰に摂取することにより危害を生じる可能性のあるものが、有害性重金属といわれています。通常、行政が注意の対象としているものとしては、前々回に紹介したヒ素、前回紹介した鉛、カドミウムのほかに、銅、スズなどがあります。


(1)銅は赤血球や骨の形成を助ける必須元素の一つです。栄養強化剤としてグルコン酸銅や硫酸銅を調製粉乳に使用することが認められています。しかし、一度に大量の銅を摂取すると、食中毒になります。欠乏症としては骨や血管の異常、神経・精神発達遅延、貧血、白血球減少等があります。レバーや牡蠣などに比較的多く含まれており、微量ですが、多くの食品に含まれているため、普通の食事をしていれば欠乏症にはなりません。熱伝導が良いため銅鍋など調理器具としても多く使われています。

 明治時代には銅化合物である緑青による中毒が毎年のように発生したと記録されています。明治時代緑青は団子や菓子の着色料として使用されていました。明治14年(参考資料3)には手踊りの会で赤、白、緑の団子を売って、色が珍しいとして飛ぶように売れたと記載されています。しかし、団子を食べた人たちに腹痛等の中毒症状が出ました。これらの症状を起こしている人は青色の団子を食べた人であり、この着色は緑青で染めたことから、原因は緑青であるという結論を出しています。

 しかし、現在の科学では緑青の毒性は弱く、それによる中毒は考えられないとされています。当時の緑青には砒素等が混入したのではないかと考えられています。

(2)梅砂糖漬(参考資料4)

 1985年、田舎から持ち帰った梅砂糖漬を職場に持って行き、5人で食べたところ、3人が食後30分頃より、吐気、嘔吐 (2-10回)、腹痛、下痢の中毒症状を呈しました。梅砂糖漬の銅含有量は1500mg/kgであり、症状は、多く食べた人や空腹時に食べた人は重症で、コーヒー牛乳を飲みながら食べた婦人は軽症でした。

鍋などの調理器具や開封後の缶詰、そのまま保存は危険…金属の溶出で健康被害の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、嘔吐食中毒の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事