NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

20%還元で祭り状態の「PayPay」、使ってみて気付いた意外な注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ決済アプリの「PayPay」(写真:東洋経済/アフロ)
 12月6日の13時39分頃、ソフトバンクの携帯電話サービスで大規模な通信障害が起きた。筆者は同社携帯のユーザーではないが、ちょうどその頃、利用しているワイモバイルのポケットWi-Fiが突然「圏外」となり、機械の故障かと焦った。サポートセンターに何度電話してもつながらず、もしやと思って情報収集したところ、そういう状況だと判明。最初の頃は原因不明だったので、「もしや、またPayPay関係のエラーじゃないのか」と冗談交じりに言ったくらいだ。


 この2日前の4日からスタートした「PayPay」の大型還元キャンペーンの初日には、アクセスが集中し決済できない状況になった、二重決済が行われた、などのトラブルを耳にしていたからだ。

 もちろん、原因は別にあった。しかし、スマートフォン決済ができない状態になったのはユーザーにとっては同じことだ。キャッシュレス決済、特に店舗側の導入コストが安くすむことから「普及の起爆剤になるのでは」といわれたスマホ決済の脆弱性が、このタイミングであらわになったのは皮肉といえる。

 とはいえ、PayPay祭りは始まった。ご存じの方も多いと思うが、ざっとおさらいすると、PayPayはソフトバンクとヤフーが共同出資してスタートしたスマホ決済アプリ。サービス開始は2018年10月からと、先行しているLINE PayやOrigami Pay、楽天ペイ、d払いなどに比べると後発だ。

 しかし、決済アプリの陣地取り合戦はまだ決していない。そこで、一気にユーザー獲得を目指すべく「100億円あげちゃうキャンペーン」をぶち上げた。中身は、PayPayで支払えば決済金額の20%を還元するというもの。クレジットカードなら還元率1%程度、決済アプリでも5~10%のキャンペーンでしのぎを削るなかで20%というインパクトのある数字を提示したものだから、記者発表に参加していた筆者も驚いた。

 さらに、40回に1回の確率で支払額の全額が還元されるキャンペーンも同時開催、なお、Yahoo!プレミアム会員は確率が20回に1回に、ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーは確率が10回に1回にアップするという。人は“タダ”に弱い。こっちのインパクトも相当だ。

 しかも、PayPayの周到なところは、キャンペーンに合わせてビックカメラ、ヤマダ電機、上新電機といった家電量販店での取り扱いをスタートしたところだ。同日からファミリーマートでのキャンペーンも始まったが、何せコンビニとは単価が違う。年末に家電購入を予定していた人だけでなく、クリスマス用におもちゃや美容家電などを狙っていた人にも恩恵がある。キャンペーン対象購入金額はひと月25万円までと高額なので、導入を決めた家電量販店にはかなりの恩恵があることだろう。

 筆者もそのひとりで、予定していた家電購入をPayPayで試してみることにして、キャンペーンを大々的にPRしているビックカメラに向かった。

PayPay決済は意外と手間がかかる?


 まず、PayPayでの支払いは、事前に残高をチャージしておく方法(銀行口座、Yahoo!JAPANカード)、Yahoo!マネーからの支払い、アプリ上で登録されたクレジットカードからの3つがある。高額の買い物にはカード決済を選ぶ人が多いだろう。ちなみに、登録できるのはVISA、Master、Yahoo!JAPANカード(JCB)となっている。

 購入する価格に対し残高が足りない場合は、Yahoo!マネーからの支払いか、登録されたクレジットカードでの決済となる。Yahoo!マネーが未登録なら、カード決済だ。また、残高があったとしてもカード払いと併用はされないので、そのまま残る。つまり、残高が1000円分しかないが1万円の買い物をしたい場合では、足りない9000円分のみカード、ではなく、そっくり1万円がカード払いに回るのだ。

『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』

同じ収入でも、貯まる人と貯まらない人の違いは何でしょうか? 貯まらないと嘆く多くの人の使い方には、お金が「漏れていく穴」があるのです。お金に困らない人生を手に入れるには、まずは「漏れ」を招く穴をふさいで、「溜まる」人になることからスタートを。そのコツを存分に伝授します。

amazon_associate_logo.jpg

20%還元で祭り状態の「PayPay」、使ってみて気付いた意外な注意点のページです。ビジネスジャーナルは、連載、PayPayアプリスマートフォンソフトバンクビックカメラヤフー決済の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事