NEW
鈴木貴博「経済を読む目玉」

パチンコ衰退の隠れた理由…もっと割が良くギャンブル性の強い“アレ”にユーザ流出か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 先日、ファミリーマートの店頭で変な行動をしている初老の男性を見つけました。レジでタバコを1箱買っては会計し、1箱買っては会計しを繰り返しているのです。それで10回に一度くらい「やったー」と歓声を上げています。この男の行動の種明かしは、このコラムの後半に譲るとして、今回はパチンコ業界の長期的な不況を引き起こしている“見えない犯人”を追及したいと思います。

 先にファクトをおさえておきますと、パチンコメーカー各社の今期の業績は回復しそうです。SANKYOは大幅増益、平和も増収増益、フィールズも最終黒字に転換ということで、一昨年、昨年と規制強化のせいで減益に苦しんできた各社が、ようやく少し持ち直しそうだという状況です。

 とはいえ、この業績回復の理由は、顧客であるパチンコホールで前回の投資が一巡してまた新台を仕入れなければならないタイミングが来たことが一番大きいようで、決してパチンコ需要が回復したわけではないというところが業界の抱える大問題です。

 パチンコユーザー数もパチンコの店舗数も長期トレンドとしては減少傾向が続いていて、業界は確実に長期衰退の道をたどっています。かつては「娯楽の王様」と呼ばれたパチンコが、なぜ今、衰退に向かっているのでしょうか。

 パチンコ衰退の最大の要因といわれるのが規制強化です。ギャンブル依存に陥る人を減らす目的で昨年も出玉規制が行われました。パチンコの出玉はそれまで一回の大当たりで2400個だったものが1500個に減り、一時間あたりの出玉率も抑えられました。一昨年時には一日で十数万円稼げたパチンコも、規制後では10万円稼ぐのも難しくなってしまっています。

 こういった規制はこれまで繰り返し行われ、結果としてユーザーの大幅なパチンコ離れが起きてしまいました。1994年には3400万人いたとされるパチンコの遊技人口は、直近では約900万人にまで減ってしまっています。

 そのため、「パチンコの出玉規制が長期衰退の原因だ」と言われ続けていて、そのこともあってか、2月には逆に規制が緩和されることが決まっています。しかし本当にパチンコ衰退の原因は規制だけなのでしょうか。

情報弱者人口の減少


 どのような商品・サービスにも気づきにくい隠れた競争相手がいて、それが顧客を奪っているという現象は起きています。たとえば最近、コンビニエンスストアのスナック菓子の売上が減っているそうですが、その犯人はスマートフォン(スマホ)らしいといわれています。スマホを触るのに手に油や塩がついているとよくないということで、手が汚れるスナックの売上が落ちているというのです。

パチンコ衰退の隠れた理由…もっと割が良くギャンブル性の強い“アレ”にユーザ流出かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、FXギャンブルパチンコの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合