NEW
小林敦志「自動車大激変!」

スズキ、ジムニーに加え新型ハスラー投入で「軽」大乱戦?eKワゴンとデイズは全面刷新!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキの「ジムニー」(「ジムニー | スズキ」より)

 1月に日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が18年12月の登録車と軽自動車のそれぞれ単月の販売台数を発表し、同時に18暦年での年間販売台数も確定した。

 軽自動車と登録車を合わせた、つまり名実ともに“18暦年に日本一売れた乗用車”は、本田技研工業(ホンダ)「N-BOX」で24万1870台を販売した。登録車でもっとも売れたのが13万6324台の日産自動車「ノート」なので、ノートに10万台強、軽自動車で年間販売第2位のスズキ「スペーシア」に10万台弱という、まさに大差をつけてN-BOXが“日本一売れたクルマ”となった。

スズキとダイハツの“軽自動車戦争”のゆくえ

 さて、暦年締めでの販売台数でもうひとつ注目なのが、スズキとダイハツ工業の軽自動車ブランド別販売トップ争い、つまり“SD戦争”の結果である。

 暦年締めで見ると、06年まではスズキが常勝ペースだったのだが、07年にダイハツがトップを奪うと、14年にスズキが一度トップに返り咲くものの、その後は再びダイハツがトップを獲り続け、18暦年もダイハツがトップとなった。

 ただし、スズキは新型「ジムニー」という最高の“人寄せパンダ”も加わり、18年後半の追い上げに勢いがつき、18暦年締めや暦年締め上半期販売台数ではダイハツがトップだったが、18事業年度締め上半期(18年4~9月)販売台数ではスズキがトップとなっている。さらに、18暦年締めでのダイハツとスズキの販売台数の差は約2.4万台だが、17暦年締め販売台数の差は約4.6万台だったので、ダイハツはトップの座を守ったものの、17年比でスズキとの差は半減している。

 こうなると気になるのが、18事業年度(18年4月~19年3月)締めでのSD戦争のゆくえである。たとえ、その差を17年比で半減させたとはいえ、残り3カ月でスズキがダイハツを抜き去るのはかなり厳しいといわざるを得ない。

 スズキは、18暦年後半にダイハツを猛追した。しかし、18年10月から12月のダイハツの追い上げのほうが、まさに“トップを死守するため”というオーラが伝わるほど激しいものであった。18事業年度の残りとなる1月、2月、3月も、SD戦争がそれこそ“仁義なき戦い”ともいえる大激戦になるのは確実だが、18事業年度での18年4月から12月までの累計販売台数では、ダイハツが約1万台差をつけてトップとなっている。かなり微妙なところであるが、18事業年度締めでの年間販売台数トップもダイハツが逃げ切るようにも見える。

 ただ、スズキは18年12月20日にスペーシアの派生モデルともいえる「スペーシア ギア」を発売している。スズキのニュースリリースによると月販目標台数は2000台なので、このスペーシア ギアが大化けすればもちろん、目標通りに売れたとすれば、ダイハツを抜き去りスズキがトップとなる可能性も十分にある。そのため、ギリギリのタイミングまで、この両メーカーの動きからは目が離せそうにない。

 19年度に入ってからもしばらくは、両メーカー共に目立った新型軽自動車の登場予定はない。そのため、当面は既存車の販促活動を積極化するのがメインとなり、両メーカー共にライバルの動向を見ながら自社登録(軽自動車は届け出)による販売台数の上積みでトップを狙ってくることが考えられる。

スズキ、ジムニーに加え新型ハスラー投入で「軽」大乱戦?eKワゴンとデイズは全面刷新!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事